【異動か転職か】悩んだ時のベストな判断基準とは?

選択の道しるべ
  • 異動の話がきた。
  • しかし、転職も考えている。
  • どちらが良いのか分からない。

異動か転職か。

どちらも人生に、大きな影響を与えることは間違いない。

どちらが良いのか判断するには、どうしたら良いのか。

結論は、

正解はないから、情報を整理して直感で判断

です。

なお、端的にいうと

手軽さ:異動>転職
得られる経験値:異動<転職

となります。

今回は判断を下すための、情報整理ステップを含めてご紹介します。

目次

なぜ悩んでいるか書き出す

そもそも、なぜ異動と転職で悩んでいるのか。

現状、もしくは異動先に何かしらの不満がある。

ならば、まずはその原因を書き出しましょう。

・異動先の仕事は自分のやりたい仕事ではない
・異動が転勤を伴い、地元を離れることになる
・給料が下がる
・今の職場でパワハラがあり、会社全体に不信感がある

などなど、色んな理由があると思いますが、これらを明文化して再確認することが、第一歩です。

異動と転職のメリットデメリットを確認

異動

メリット
デメリット
  • 今の会社で働き続けられる
  • 面倒な手続きは会社がやってくれる
  • やりたくない仕事に就く可能性
  • 転勤が伴う可能性

異動は、あくまで会社内での話なので、面倒な手続きは全て会社がやってくれます。

仕事も用意されているので、生活に困ることはないでしょう。

異動して新しい仕事を経験できれば、大きな財産になります。

ただし、異動先の仕事があなたにとって、楽しくない可能性があるのが、ネックです。

転職

メリット
デメリット
  • 自分が望む仕事を探せる
  • 全く新たな環境で働ける
  • 給料が上がる可能性がある
  • 転職活動が必要
  • 退職手続きが面倒
  • 転職手続きが面倒

転職は、自分のやりたい仕事を探して、全く新しい環境で働けるので、得られる経験値は異動より大きいです。

しかし、転職活動は大変です。なかなか採用されないこともあるでしょう。

そして、手続きはかなり面倒です。

退職するとなったら、引継ぎをし、転職先への書類の提出も進めないといけません。

それだけの苦労を乗り越えるからこそ、成長できる部分はあります。

→転職活動をすることで成長できる!5つのメリット!

自分が重視するものを確認

異動と転職の情報を整理できたら、あとは自分との見つめ合いです。

自分は何を重視するのか?

下記記事でも書いていますが、最終的に決めるのは自分です。

→転職するか悩んだら問いかける10の質問とは?

たとえば、

・勤務地は地元じゃないと嫌
・開発の仕事がしたい
・将来に向けて営業やりたい
・19時までには毎日帰りたい

仕事を選ぶうえで、自分が重要視することがあるはずです。

自分を見つめて確かめましょう。

どちらで満たされるか確認

自分の心が分かったら、あとは異動と転職どちらで、その要件が満たされるかを確認です。

「そんなに0か100で決められない」

「異動と転職どちらにも当てはまる」

そういうこともありますよね。

というか、悩んでいる時点で、明確に決められないと思います。

そこで私がおすすめする考え方は

「うまくいかなかった場合のリスクは置いておく」

です。

つまり、失敗の可能性は考えない、ですね。

正解はない

失敗の可能性を考えない理由は、考えたらキリがないからです。

・異動先の仕事が楽しくなかったら
・異動先の人間関係がうまくいかなかったら
・転職で仕事が見つからなかったら
・転職で給料が下がったら

いくらでも出てくるでしょう。

キリがないので、根本の考え方を変えてみてください。

正解はない。そのため、失敗もない。

あるのは、異動または転職した事実だけ。

その事実を正解に近づけるために、行動するのみです。

直感で判断して問題ありません。

過去の「意味」は変えられる

たとえば、異動か転職か悩んで、「転職」したとします。

そしたら、給料が下がった。生活が苦しくなった。

大変ですよね。

転職じゃなく、異動にしておけばよかった

と思うかもしれません。

しかし、生活していくために仕事を頑張り、5年後、別の会社へさらに転職。

5年間頑張った成果が認められ、給料も大幅アップで採用。

自分が望んでいた仕事にも就けた。

これは、生活が苦しくなったからこそ、逆に仕事に打ち込んだ結果。

「あのとき、異動か転職かで悩んだけど、転職して良かった」

5年後にはそう思えた。

ただ、10年後、最初に転職した会社の人が詐欺で逮捕され、自分も事情聴取されて大変だった。

あのとき転職をしたことで、厄介なことに巻き込まれたな

つまり、

選択の正解/失敗は、その後の自分の状況によって都度変わる

のです。

私は過去3回転職しています。その間に、色んな話もありました。

台湾で働く?業務委託でどう?など、選択する場面に出くわしました。

その選択に後悔はありません。

「あのとき○○していれば・・・。」

と思い描いても、過去は変えられない。

でも、過去の意味は、今の自分によって変えられる。

だから、どちらを選択しても、失敗にはならない。

と考えています。

異動か転職で迷ったら、

「どちらもを選択しても失敗はない!」

という心で、勢いで選んでみてください。

最後に、そもそも異動なんて、うちの会社にないよ。という人は転職一択です。

迷わず動きましょう。

目次
閉じる