【実体験】地方でも東京並みの収入を得るには?

地方

地方へ行っても出来る限り収入は維持したい!

私は東京から札幌へ移住&転職をしました。

転職活動する中で、転職サイトで色んな求人募集を見たのですが、やはり東京に比べると給与水準が低かったです。

同じような仕事でも東京で450万円なのに、札幌では350万円とか。

地方に行けば家賃は下がりますが、生活コストが下がるとは限らない。光熱費や食費などは東京より高くつく可能性もあります。

そんな状況ならやっぱり給料は高い方がいい。

私は成果報酬型の企業に転職することで、その要望を叶えましたが、いくつか方法があると感じています。

この記事では、東京並みの高い給与水準を地方で得るための方法をご紹介します。

目次

方法1:給与水準の高い企業に転職する

①全国展開している企業

これが一番現実的な方法です。全国展開している企業は、全国一律の人事制度を敷いているところが多いです。

つまり、東京で働こうが札幌で働こうが、同じ給与水準での評価となります。もしかしたら首都圏は家賃が高いため、住宅手当などが付くかもしれませんが、使えるお金としては地方と変わらないでしょう。

「全国展開している企業=大企業」とみてほぼ間違いないので、給与水準も総じて高い傾向にあります。

東京並みの給料をもらいながら、地方に住むには、全国展開している企業に入社することが最も効率良いでしょう。

あなたが大都市に住んでいるなら、そのまま面接を申し込みましょう。

面接は本社や都市圏の主要支店などになると思いますが、先に地方勤務希望の旨だけ伝えておけば、実際の勤務地に話を通してくれます。

・1次面接:東京(人事部) 
・2次面接:地方(現場マネージャー)
・3次面接:web(統括役員面接)

などのパターンが考えられます。

何故この会社で、この地方で働きたいかを素直に伝えれば良いと思います。

また、あなたが地方在住であれば、東京での面接をwebで行ってくれる可能性もありますので、まずは応募してみましょう。

②成果報酬型の企業

私はこのパターンでした。

成果報酬型の企業は、営業成績に応じて報酬をくれます。つまり自分の頑張りが給与に直接反映されるといことです。

東京だろうが札幌だろうが、頑張って成果を出せばその分給料は上がります。この仕組みのもと、地方でも東京並みの給与水準達成は可能です。

ただ、成果報酬型は成果が出なければ給料がほぼ出ません。

実際私も挫折しました。その時は給料は本当に少なくてつらかったです。

③地方公務員

公務員は何といってもその安定感が魅力です。

一般企業なら景気の波や人口減少の影響を受けて、仕事が無くなる可能性もありますが、公務員なら食べていくことが可能です。

給料水準は各自治体によって異なりますが、下位の沖縄県や青森県などでも平均600万円程度になります。

年功序列のため、若い人は給料が少なくなりがちですが、長い年月で考えれば地方公務員の給料水準は魅力的です。

④地元の電力会社

電力会社は給与水準が軒並み高いです。なぜなら地域の独占企業だから。

北海道なら北電、九州なら九電など、その地域ごとに電力会社が1つだけあります。

電気は生活にも産業にも欠かせないものなので、365日、需要は常にあります。つまり、安定して利益が出る構造になっているのです。

電力会社は地元経済の中心になっていることも多く、社員となればローン審査に有利など魅力的な部分も多々あるのですが、専門スキルがない限り中途採用で入ることは困難です。

もしあなたがチャレンジできそうなら、選択肢の一つとしてオススメいたします。

方法2:フリーランスとして働く

WEBサイト制作やデザイン作成などの仕事に携わっているのであれば、フリーランスになるのも手です。

場所を選べず働けて、収入も頑張り次第でついてきます。

東京よりも高い収入を得ることも可能でしょう。

方法3:起業する

フリーランスと似ていますが、起業してしまうのも選択肢の一つです。

ただし、人脈も無い、土地勘もないところで起業するのは非常にハードルが高いでしょう。

東京で起業して、軌道に乗ったら事務所を地方に移すなど、段階を踏んだ方が安定するかもしれません。

まとめ

地方に行くと、東京とかなり雰囲気も仕事の仕方も違うことに気づくはずです。

たとえば東京はめちゃくちゃ人が多く、忙しい雰囲気が街にはあり、働き方もそれに準じているような気がします。

私も実際、札幌のゆったりとした働き方に驚きました。(今ではとても良い部分だと感じていますが。)

これは地方で働いてみてから初めて気づきました。

地方で働く魅力というのは体感してみないと分からない部分も多いと思います。ただ、収入は出来るかぎりあった方が良いのは間違いないです。

地方だから収入下がっても仕方ないや、とあきらめずにぜひ道をさがしてみてください。

実体験からですが、実際に色々調べて動いてみると、意外に何とかなることも多いですよ。

目次
閉じる