20代で転職した私が、失敗したなと感じたこと

  • 入社したけど、思っていた仕事と違った
  • まだ数年しか働いていないが、転職したい
  • 転職で失敗したくない
  • 他の人の失敗話が聞きたい

転職をリアルに考え出すと、失敗した時のリスクが怖くなってきますよね。

もちろん、

「失敗なんて怖くない、ワクワクしかしない!」

という人もたまにいます。

けれども、失敗せずに、転職に成功することに越したことはないでしょう。

今回はそんな、失敗を恐れる方に向けて、私の経験を基に書きます。

私は20代の時に転職をしています。

新卒で入社した会社を3年で辞めました。

大企業だったこともあり、周りから

「もったいない」
「何で?」
「バカか」
「部署移動したら?」
「もう少しだけ頑張ってみろ」

などなど言われました。

結論としては転職して、非常に良かったと思っています。

でも、全てが上手くいったかというと、そうではないです。

失敗したな、と感じる部分もありました。

何事も完璧にはいかないですよね。。

この記事を読んで、あなたが少しでも同じような失敗を避けられたら、嬉しいです。

目次

失敗したと感じたこと

お金を貯めておかなかったこと

使いきっちゃいました。

全部。

何に使ったのか?

退職する際は手元に200万円近くありましたが、

まずは住民税の支払いに。

前年分が掛かってくるので、退職した翌年に納付書がきます。

気を付けてください。

そして、退職して海外に行ったため、そこで使ってしまいました。

クラブや旅行、飲食代などでぱぁーっと使ってしまい、

帰国するころには、全く残っていませんでした。

そのため、転職活動を一刻も早く進めなければ、破産。

そんな状況に追い込まれてしまいました。

転職しても、すぐに給料は振り込まれません。

転職を考えている人は、少なくとも、目の前の2か月は無給で乗り切れるだけの

お金を用意しておきましょう。

別に借金しても良いと思いますが、計画だけは立てておいた方が無難です。


仕事を頑張りきらなかったこと

転職を決めた理由は、

大企業からベンチャーへ転職した私。その理由と感想(良い面、悪い面あり)

などに書いていますが、仕事が合わなかったからです。

ですが、頑張りきれなかったと感じています。

『本当に全力でやれることをやったか?』

と言われたら、

「No」

としか言えません。

仕事が嫌いだったため、サボってばかりいました。

仕事を頑張りきっていると何が違うのか?

それは、「転職時で話せる実績」と、「自信」だと思います。

仕事を本気で頑張った人は、たとえ全然結果が出ていなくても、

工夫や苦労した経験を得られるので、エピソードがたくさんできます。

知識も圧倒的に増え、何をすれば上手くいかないかもわかります。

要は、その仕事について、詳しく人に自信を持って話せるようになるのです。

私は新卒で入社した会社の仕事について、

それなりに話せはしますが、本気で頑張った人に比べたら、薄っぺらいです。

そこは自覚しています。

なので、転職活動でも、そんなに深くこの時の仕事について、話すことはありません。

それが現実です。

仕事を頑張らないと、人に話せるくらいの実績(エピソード)、自信、が付かない。

もし、あなたが、

「今の仕事頑張りきれていないな。」

と思うなら、少しだけ立ちどまって

「本当にもう頑張る余地はないか」

を自分に問いかけてみるのも良いでしょう。

30秒あれば終わりますので。

情報収集していなかったこと

海外に行くとは決めていたが、その後どういう道があるのかを調べていなかった。

行けばなんとかなるとだけ、考えていた。

確かに何とかなりました。

でも、仕事を辞めて、海外にフラフラしに行った人は他にもいます。

そんな先輩方の体験談や話、その後の進路について、事前に調べていれば、

頭の中で選択肢は増えただろうと考えています。

次の職を決めていなかったこと

私の場合は退職→海外フラフラ→転職だったので、

退職時点で、次の職は決まっていませんでした。

これは、後々、非常に辛くなりました。

実際に日本に帰ってきた後、転職活動をしたのですが、

どれだけ早くとも、やはり2か月程度は入社までに掛かります。

すると、その間の収入を考えなければなりません。

私は派遣の仕事とアルバイトをして、何とかしのぎました。

掛け持ちで、毎日12時間くらいは働いていました。

おかげで何とか稼げたのですが、なかなかしんどかったです。

そのあたりは、別記事で詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

やっておいて良かったこと

自分の人生のたな卸し

今まで生きてきた中で、自分は何をしてきたのか。

保育園、小学校、中学校、高校、大学、社会人

それぞれの時期で考えました。

自分の印象に残っているエピソードを書き出し、なぜそうなったのかを考え、

自分の判断軸を洗い出す。

そんな作業をしてみました。

これにより、自分の中で譲れないもの

私の場合だと、

・人と違った人生を送りたい
・一つの場所にとどまりたくない

などが浮き出てきました。

これにより、転職時にも自分の考えを整理して、話すことができました。

意外に、自分のことを知らない人は多いです。

暇な時間があれば、少しでもやってみてはいかがでしょうか。

自分の本音と向き合ったこと

退職を考えるようになって、自分と向き合う時間が増えました。

何で、この会社に入ったのだろう。

何がしたかったのか。

これから先、自分は何をしたいのか。

そんなことを考えました。

そして、

・後悔しないか

この1点に集中することにしました。

退職した場合としなかった場合、両方を考え、天秤にかけました。

・退職した場合のメリット/デメリット

・退職しなかった場合のメリット/デメリット

それぞれを考え、

結果は、「退職した方が後悔しない」、そういう結論になりました。

詳しくは

の記事に書いていますが、自分の本音と向き合うことで、後悔しない選択ができたと思っています。

失敗してもいいと割り切ったこと

私自身、初めての退職/転職だったので、どうなるか想像がつきませんでした。

不安もたくさん。

でも、考え続けても結果は変わらない。

そこで、

「失敗したら仕方がない!」

と割り切ることにしました。

もういいや。

「どれだけ最悪になろうと、どうにかなる!」

そう思い込みました。

思い込まないと、前に進めなかったのです。

結果論ですが、割り切って考えて、良かったと思っています。

失敗がない転職はない

転職したとして、全てに満足することはありません。

・思っていた仕事と違った。
・先輩に嫌な人がいた。
・残業が多かった。
・ボーナスが聞いていたより少なかった。

そんなことは日常茶飯事です。

必ず、何かしら上手くいかない部分は出てきます。

私はそれでいいと思っています。

失敗したなと感じても、止まらずに、受け入れて進めるか。

それが、転職を成功に導けるかの大きなポイントです。

もし、あなたが、

「失敗したらどうしよう」

と悩んでいるのなら、

「とりあえず失敗したら考えよう」

くらいの気持ちで、進んでいくことが、良い結果につながるでしょう。

目次
閉じる