転職してすぐに辞めて、また転職するのはダメなのか?

転職したばかりだが、もう一度転職するか悩んでいる女性

転職したけど、やっぱり合わない。。

はぁ~、辞めたい。。

転職してすぐに辞めてまた転職はダメなのか?

結論としては、すぐに辞めることは

「次の転職で不利になる」
ただし、
「理由が誰でも納得できるものならOK」

です。

単純に、今の仕事が気に入らなくて、

・仕事が気に入らないから辞めます。

ではなかなか通じないでしょう。

転職してすぐなら、まだ仕事のコツを掴めていない可能性も高いので、全力で1年くらいやってみることをオススメします。

ですが、そうでない場合もありますよね。

そんな、すぐに辞めてまた転職しようか悩んでいるあなたに向けて、書いていきます。

目次

今の会社を辞めることは問題ない

採用してもらった今の会社を、すぐに辞めることは心苦しいですよね。

もちろん、採用した側からすれば、何で?となりますが、合わないまま働き続けることは、あなたと企業双方にとって不幸です。

嫌々な状態で働いても良い結果は出ません。最悪、心身ともにボロボロになって病気になる、ということもあり得ます。

「申し訳ないな。。。辞めたいって言いづらいな」

そういう気持ちは誰でもあると思います。

ですが、正直に自分の気持ちを伝えた方が、後々まで尾を引かず結局は一番丸く収まるものです。

少し勇気がいるかもしれませんが、今の会社を辞めることはお互いのためだと思って行動してみましょう。

働いた期間が短い人は、何故?と思われる

今の会社を辞める決意をして、新たな職場探しです。

そこで注意してほしいのは、働いた期間が短い職歴があると、何故?と思われることです。

もしあなたが面接官だったとして、

求人に応募してきた人が、前職を3か月で退職していたら

「この人、前職で何かあったのかな?」

と感じますよね。

違和感を持たれることは確実なので、それなりに心の準備をしておきましょう。

なお、通常は退職に3,4ヶ月は準備します。

退職には勇気が必要!私の細かなstepでお伝えします。

採用面接時に必ず理由を聞かれる

働いた期間が短ければ、必ずその理由を聞かれます。

「前職の仕事を3ヶ月で退職されていますが、どんな理由で退職されたのですか?」

転職経験があるならご存知かとは思いますが、転職面接で必ず転職理由をきかれます。

今までの転職履歴全てについて。

そして、面接官が気になった転職履歴については、深く理由を聞かれます。

働いた期間短い=この人は我慢弱い人?継続できない人?

と疑われてしまうので、しっかりと理由を答えましょう。

ポイントは転職理由に筋が通っているかどうかです。

筋の通った転職理由とは?

「筋の通った転職理由」には2つの意味があります。

①誰もが納得できる理由
②その場限りでない理由

です。

相手に伝える理由は、このどちらかを満たしていることが必要です。

①誰もが納得できる理由

これについては分かりやすく、納得できる理由、たとえば、

  • 上司からひどいパワハラを受けていた
  • 勤めていた会社が倒産した
  • 結婚で移住することになった
  • 病気で長期入院した

などです。

それなら「仕方ないな」と皆が納得する理由のため、面接官も変に疑ったりはしないでしょう。

②その場限りでない理由

転職の都度、理由がバラバラな人がいます。

理由がその場その場でしか通じない理由なのです。

たとえば、ある人が過去辞めた理由が

  • 1社目→給料が低かったから
  • 2社目→勤務時間が長かったから
  • 3社目→飲食店で働きたくなったから
  • 4社目→営業職に挑戦したくなったから

だったらどうでしょう。

あなたが面接官ならどう思うでしょうか?

「この人、いったい何がしたいんだ?」と思うのではないでしょうか。

そして、結局、「うちに入っても今までと同じように、何か理由つけて辞めていくかも。」

と思われて不採用になる可能性があります。

転職理由に筋がないのです。言い換えると、転職の軸が定まっていない状態といえます。

これが、たとえば、webディレクターとして社会人を始めた人が、

  • 1社目→webディレクターとして更に経験を積むため
  • 2社目→プロジェクトリーダーとしての仕事に挑戦したかった
  • 3社目→経験を活かして、小さな組織で一からチーム作りをするため
  • 4社目海外の案件の経験を積むため

こういう経歴であれば、順調にステップアップしているのが分かります。

転職理由も、

「チームを率いてより大きく難しい案件を成し遂げられるスキルと経験を得る」

という筋が通っています。

なので、面接時に、

「当社でどのようなことを成し遂げたいと考えていますか?」

というような質問にも、明確に答えられるはずです。

そして、採用側も転職理由と、自社で成し遂げたいことの一貫性に納得する可能性は高いでしょう。

すぐに転職することは悪いことではない

①誰もが納得できる理由
②その場限りでない理由

このどちらかを満たし、次の転職で問題なく話せそうだな、と思えるなら、今すぐに仕事を辞めて転職してもOKです。

実際私も経験あります。入社半年で転職しました。

個人プレーでの営業がメインの会社だったのですが、私としてはチームプレーで仕事がしたかったのです。

それは仕事をする中で、気づいたことでもありました。

次の転職先に正直に理由を説明したところ、納得・採用いただけました。

無理をして今の仕事を続けることだけが、正解ではありません。

自分の中でもう無理、と思ったら爆発する前に辞めてしまいましょう。

その際は、次の転職のことを考えて、理由だけ明確にするようにすることをオススメします。

目次
閉じる