「転職活動」を「営業」と比較して考えてみた

比較

転職活動って営業に似ているのでは?

そう感じた方もいると思います。

結論は

「似ていて、営業手法を応用できる」

です。

今回は似ている理由や、営業手法の活かし方について、書いていきます。

目次

転職活動と営業は似ている

私も過去営業職をやってきましたが、3回ほど転職しています。

そこで感じたのは、転職も採用企業に気に入られてナンボの世界。

営業と同じです。

自分という商品を気に入って買ってもらうまでに、いろいろとアプローチする。

気に入ってもらえたら、「給料という名の代金」を払って買ってもらう。

ならば、営業で効果のあることは、転職活動でも効果があると言えるはずです。

ステップを比較してみる

転職活動のステップ
営業のステップ
  • 応募
  • オファー
  • 面接
  • 最終面接
  • 内定
  • 入社
  • アプローチ
  • 引き合い
  • 商談
  • 最終提案
  • 受注
  • 納品

転職活動と営業のステップをざっくり比較してみました。

細かく分ければ他にもあると思いますが、大別すれば、やはり似ていますね。

どちらも買い手に対して、どうやって商品を買ってもらうか、という目的に応じた流れになります。

以下、各ステップについて細かくみていきます。

営業のつもりで転職活動をやってみる

応募(アプローチ)

まずは企業への応募です。営業で言うとアプローチにあたります。

応募するには、履歴書や職務経歴書などを作成し、企業に送付しますよね。

その書類を見て、企業がどう判断するかが勝負になります。

ポイント『事前調査』

ここでのポイントは事前調査です。

事前に、応募企業について調べましょう。

その企業の成り立ちや、今力を入れていること、トップの考え方、制度など、調べればたくさん分かることがあります。

そのうえで、企業が何を求めているかを予測し、応募書類に反映します。

こうすることで、面接まで進める可能性はグッと上がるでしょう。

■営業の場合

これは営業でも同じです。

企業にアプローチする際は、その企業のことをHPなり、SNSなり、人に聞くなりして、調べますよね?

調べたうえで、たとえば、

「御社は○○に力を入れられているとお見受けしますが、当社はその分野で△△の実績があり・・・」

というアプローチをすれば、興味を持ってもらえやすくなります。

これを転職活動にも応用してみましょう。


オファー(引き合い)

応募したら、企業からの返答を待ちます。営業の場合も、アプローチした結果を待ちます。

見事に良い返事がもらえたら、次は採用面接のステップに進みます。

ポイント『日程調整』

その際に気を付けるのが、日程調整です。

企業側の都合もあると思いますが、返事が来た日からなるべく早い日が良いでしょう。

「鉄は熱いうちに打て!」

という格言があるように、企業が自分に興味を持ってくれている熱いうちに、面接日程を組みましょう。

■営業の場合

同様に、アプローチの返事が来たら、すぐに次の日程を入れた方が良いですよね。

テレアポでアポが取れそうなら、なるべく近い日程を入れます。

私も新規営業で午前中に電話して、その日の午後に訪問ということもやっていました。

転職活動でも、そのくらいのスピード感で早めの日程を組んだ方が、企業側にも本気度が伝わるでしょう。

面接(商談)

日程が決まり、いよいよ採用面接です。営業だと商談ですね。

愛想良く、はきはきと話して好印象を与えることは必須です。

ポイント『相手の要望把握』

ここでのポイントは「企業側の求めるものを把握すること』です。

もちろん、採用面接なので自分のアピールが主な話にはなるのですが、企業がどんな人材を求めているか?

土日も緊急対応できるような、フットワークが軽い人?

一人でガンガン案件を取ってこれる営業マン?

チームワークを重視して、細かなところまで気配りできる人?

低賃金で働いてくれる人?

色々あると思います。それを企業側との会話の中で探りましょう。

書類が通ったということは、企業側もあなたに興味があります。

お互いのすり合わせをしていくことが大切です。

■営業の場合

商談で商品内容や費用、納期などを企業側に打診。

あとは、要望を聞いてすり合わせします。

妥協できない部分で妥協すると、赤字案件になったり、納期遅れなどのトラブルに繋がったりしますよね。

転職活動でも全く同じなので、相思相愛になれるよう、要望をしっかりすり合わせしましょう。

最終面接(最終提案)

幾度の面接を超えて最終面接です。営業だと、条件を修正したうえでの最終提案ですね。

お互いの意志の再確認

最終面接は人事部長や役員、社長クラスが出ることがほとんどです。

あなたのスキルや希望についての細かな点は、すでにすり合わせ終わっています。

そのため、最終面接では、「本当に本当にこの会社で働けますか?」という意志確認のみの場合が多いでしょう。

「出身はどこ?」「部活は?」という話から、雑談になることも少なくありません。

企業側はこの会社で働けそうか、気が合うかを確かめています。

あなたもそこで同じように、この会社で働けるかを再度自分に確認しましょう。

■営業の場合

修正した提案で問題ないか、相手に追加要望はないかの最終確認ですね。

細かな要望が出れば、受注前に確認する必要があります。

転職活動でも、内定受諾の前に最終確認することが必要です。

内定(受注)

おめでとうございます。内定です。営業だと受注です。

これであなたは入社できることが決まりました。

ポイント『気を抜かない』

内定出たのは良いですが、ここで気を抜かないことです。

まず複数内定出ているなら、どの内定を受諾するか決めましょう。

そして、受託を決めたら、入社までの準備を念入りにしましょう。

提出書類がいくつもあるはずです。

・年金手帳
・マイナンバー
・住民票
・卒業証明書
・身元保証書
etc

会社によって異なりますが、書類は時間かかるので、急いで準備しましょう。

また、会社から入社前に課題が出ることもあります。本を読んでおけなどです。

内定に浮かれて書類が足りず、入社日がズレる。。。

そうなれば多大なる迷惑が掛かるので、しっかり用意進めてください。

■営業の場合

受注したら、納品に向けて社内での事務処理、報告等が必要ですよね。

商品によっては、制作チームとの連携もあります。

受注して喜び、気を抜いてしまいますが、企業からの評価は納品以降で決まります。

転職活動も同様に、入社まで気を抜かずに進めましょう。

入社(納品)

書類も揃えて、晴れて入社です。営業なら納品ですね。

長旅お疲れさまでした!

ポイント『勝負はここから』

入社がゴールではありません。

転職のゴールは「入社後の活躍」です。

入社して満足していると、終わります。

採用した企業としては、自社で活躍してくれると信じて採用しました。

入社してあなたが成果を出さなければ、その評価はダダ下がりです。

新たな同僚とも関係構築しながら、しっかり成果を出していきましょう。

→新しい職場で自己紹介MTGしたら、人間関係が円滑になった!

■営業の場合

営業も納品がゴールでなく、納品後のフォロー、次回提案が勝負ですよね。

企業側は納品された商品やサービスを使って、初めて評価を下します。

納品後のフォローが良ければ、それだけ評価も上がります。

転職活動も同様に、入社後にしっかり成果が出せるかが勝負なので、気を抜かずに張り切りましょう。

営業と基本は同じ

相手の要望をどれだけ満たせるか、が勝負です。

このあたりについては、別記事で詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

→【転職の戦略】自分という商品の便益と独自性を考えよう

営業のサポートを入れるなら

転職エージェントをうまく活用しましょう。

応募書類の添削や、面接のアドバイス、企業の情報など、あなたをサポートしてくれます。

しかも無料で。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

などが大手で案件も多く持っているので、オススメです。

転職活動を営業の一環とらえて、ぜひ、転職活動を無事に終えてもらえたら嬉しいです。

目次
閉じる