転職するする詐欺ばかりで、転職しない人の5つの特徴と対策

転職するする詐欺

「転職するする」と口ばかりで、全く転職しない人の特徴は次の5つです。

1、仕事でも言い訳ばかり
2、愚痴はすごいが、会社に声を上げない
3、給料は多くもないが少なくもない
4、仕事でリスクを取らない
5、有名企業と自社を比べて批判する

この背景には、

・「現状に不満はあるが、変わることが怖く、行動する勇気がない」

という心理があります。

そして、その対策は

「具体的に何月何日に転職するの?」

という質問です。

これで本人は木端微塵です。

誰の事?? 過去の私です。

目次

転職するする詐欺の人の特徴

1、仕事でも言い訳ばかり

この手のタイプの人は、間違いなく仕事でも言い訳しています。

自分の言葉に責任が伴っていないからです。

有言実行の人は、自分行動や発言に責任を持つため、仕事でも自己責任を強く意識して働いています。

転職するする詐欺の人は、仕事でミスやトラブルがあっても、人の責任にしがち。

「納期が遅れたのは、外注先が連絡くれなかったから」
「失注したのは、クライアント担当者が上司にしっかり説明しなかったから」

できないことに対して言い訳ばかりです。

私はこれが特にひどかったです。

2、現状のグチはすごいが、会社に声を上げない

現状に対する不満はたくさん持っているので、飲み会時などでのグチは達者です。

めちゃくちゃ盛り上がるでしょう。

ですが、その声を会社に上げることはありません。

たとえば、

「うちの会社は社内の風通しが悪い。」
「上司がもっと部下一人ひとりに寄り添って、定期的な面談とかすれば良いんだよ。」


というようなアイデアを出したりしますが、翌朝出社しても地蔵のようにに黙ったままです。

一切、上層部に声を上げません。

グチを言ってばかりで、面倒なことは避けるのが、このタイプです。

3、給料は多くもないが少なくもない

意外かもしれませんが、給料はおそらく少なくないでしょう。

もちろん、仕事がうまくいっていないので多くもないですが、生活に困るレベルでもないはずです。

なぜなら、

生活に困るレベルなら、追い込まれてさすがに転職するから。


つまり、生きていけなくもない「ぬるま湯」だから転職しない、という側面もあるのです。

「うちの会社って給料少ないよな~。」
「あの人に払うくらいなら、俺の給料上げてほしいわ」

というようなことを言ったりしますが、心の底では別に今のままでも問題ないとも思っています。

もちろん給料上がることを望んでいますが、上がらないことに対して行動は起こしません。

4、仕事でリスクを取らない

リスクを取ればチャンスをつかめるかもしれません。

ですが、決してリスクを取らないでしょう。現状を変えることが怖いのです。

仮に、


「新規プロジェクトで人が必要になったんだけど、○○さん、どう?九州での仕事にはなるけど、人生の良い経験になると思うんだ」


こういうチャンスがあったとしても、行かないという選択をするでしょう。

・家族がいるので
・親の面倒をみないと
・今の仕事で結果を出したい
・転勤は嫌


正当な理由なら良いのですが、リスクを取りたくない言い訳として使うことも多いです。

仕事でリスクを取らないので、成長もなく、現状が変わらないまま、引き続きグチる可能性が高いでしょう。

5、有名企業と自社を比べて批判する

たとえば、

「amazonではロボットが倉庫で仕分け作業をしているが、うちは全部手作業」
「人力で勝負してたら、これからの時代勝てない」

とか、

「ソフトバンクはオンライン営業で成果を出している」
「うちは泥臭いドブ板営業をしているからダメなんだ」

や、

「伸びてる会社はマーケティングオートメーションなどITツールにお金かけてる」
「アナログで属人的なことをしているウチが他社に勝てるわけない」

など、他社と比較して自社を批判します。

自社も同様に有名企業なら別ですが、普通は自社が劣っているのは当たり前です。

成功してる有名企業は金の使い方が違います。人的リソースも多いので、やれることの規模も質も違うのです。

そんな有名企業を例に出して、自社、ひいては自分が成果出せない言い訳をしがちです。

私もこういう話をよくやっていました。

今思えばアホです。

別に有名企業より劣っていたからといって、自分が仕事できるかどうかは別の話ですよね。

しかも、こういう話を同僚にだけして、全く上層部に声を上げないのだから、手に負えないです。

対策

もしあなた自身が思い当たるなら、今すぐ改善しましょう。

別記事で書いていますので、参考までに読んでみてください。

→仕事に本気になれないと、少しずつ廃人になるけど大丈夫?

もし、あなたの同僚や旦那が転職するする詐欺の人なら、期限を切って迫りましょう。

冒頭にも書いた、

「具体的に何月何日に転職するの?」

と聞いてみてください。

言われた本人が、本気になるか、謝ってくるかのどちらかであれば希望があります。

その人は変わるでしょう。

もし、はぐらかしてきたら、全く転職する気はないです。笑って無視しましょう。

「もう転職しよかな。」このセリフ聞いたの今年3回目。

そんな、転職するする詐欺ばかりで全然転職しない人。

そういう人が、世の中から少しでも減ればよいですね。

目次
閉じる