ペコペコしない仕事がしたいなら、お金を出す側の仕事を探すべし!

ペコぺコする人

毎日毎日ペコペコしてばかり。

お客さんに気を遣いすぎて本当にしんどい。

もしペコペコしないで済む仕事がしたいなら、

お金を払う(発注する)側の仕事を探しましょう。

なぜなら、

お金はもらう側より払う側の方が立場が強いから

です。

これはビジネスの共通事項です。

お金を払って、何か物を買ったりサービスをしてもらうので、基本お金を払った側の方が強いです。

会社があなたに対して業務命令できるのも、あなたに給料という形でお金を払っているからです。

極端に不可解な命令でなければ、「仕事だから」、と引き受けますよね。

お金は「もらう側」より「払う側」の方が立場が強いことを、まずは覚えておいてください。

今回は、お金を払う側の仕事について、書いていきます。

目次

お金を払う側が市場のルールを決める

まず、お金を払う方がルールを決めます。

なぜか?

顧客の要望に応えないと、商品やサービスを買ってもらえないから

です。

顧客が求めるものを無視した会社は滅びます。

つまり、顧客=お金を払う側、が市場のルールを決めています。

それほど、払う側の方が強いということです。

有名企業でも立場は弱い

誰もが知っていて、就職人気の高い会社でも、実際の仕事ではペコペコしてることも多いです。

お金をもらう側の仕事だからです。

たとえば、高給取りで有名な外資系コンサル。

20代で年収1000万円以上はザラ。

しかし、コンサル先の会社に「お金をもらって」経営アドバイスしたり分析したりする仕事。

お客の機嫌を損ねたりすると、契約を打ち切られるため、頭が上がりません。

電通や博報堂などの広告代理店の営業も同様です。

華々しく広告を手掛けているイメージですが、泥臭いです。

なぜなら、広告主(企業)にお金を出してもらわないと、仕事が成り立たないから。

お金を払っているのは、広告を出したいと思っている企業です。

その企業の要望に応え続けなければ、広告代理店は1円ももらえません。

いくら素晴らしい広告が作れたり、プレゼンが上手くても、広告主がウンと言わなければボツです。

→広告代理店は大変!仕事の辛い部分とは?

私もベンチャー広告代理店で働いた経験がありますが、広告主に対しては基本的にペコペコする立場になります。

→何故ベンチャーで働くと成長するのか?経験者から見た5つの理由!

お金を払う側の仕事とは?

では、お金を払う側の仕事にはどんなものがあるでしょうか?

基本はBtoB(対企業)の仕事です。

BtoC(対一般消費者)の仕事では、基本的に「何かを売って、お金をもらう」仕事になります。

ポイントは

「会社のお金をどこに使うか、決められる立場にある仕事」

です。

まず挙げられるのが、

・小売店などでのバイヤー(買付、仕入れ)の仕事

会社のお金で商品を仕入れる立場なので、メーカーの営業マンが必死で売り込みに来ます。

立場としては、かなり強いです。

他には、

・企業の広告担当者

どのメディアに広告を載せるかを決められるので、色んな媒体社や広告代理店から売り込みがあります。

また、

・備品購入やシステムの担当者

なども、どこにお金を払うか決められる強い立場にあるでしょう。

上記のように、基本は
・発注業務の担当者
です。

ただし、発注先を決められる権限を持つには、ある程度の経験や社歴が必要なことが一般的です。

成長するなら、両方経験できる仕事

お金を払う側、もらう側、両方が経験できる仕事もオススメです。

たとえば、通常の営業職であれば、商品やサービスを売ってお金をもらう仕事です。

ですが、サービスを売るのに、協力会社が必要な場合はどうでしょうか?

たとえば、

<雑誌を作る>となった場合、

①雑誌に載せる広告を広告主にお願いしに行く(お金をもらう仕事)
②雑誌を印刷するため、印刷会社に依頼する(お金を払う仕事)

少なくとも二つの仕事が発生します。

この②については、印刷会社にお金を払うため、発注者側の立場での仕事になります。

お金をもらう仕事、払う仕事が同時に経験できる。

これは大きな成長につながります。

その理由は下記のとおりです。

発注側の気持ちが分かる

・あのサービスは料金に含まれるのか?

・お金払ってるのに、連絡が全然こない。誠意をもって対応してくれない。

・きちんと納品してくれない。

・追加でお金を要求されたら社内処理が大変。

もらう側では見えなかった悩みや心配が、たくさん見えてくるでしょう。

自分も営業を受けてみることができる

お金を払う側になるということは、営業された上で、商品やサービスを買うか決められる、ということです。

普段、お金をもらう側の仕事をしていると、営業を受けることはあまりないはずです。

営業を受けることで、発注者側はどういうところに関心を持つのか、ネックになるのか、たくさん知見を得られるでしょう。

お金を払う側の仕事を探すなら

転職エージェントを使うのがおすすめです。

未公開の求人案件なども紹介してくれるので、情報収集のためにも登録しておきましょう。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

などの大手であれば、案件もたくさん保有しています。

ただ、担当者の当たり外れがありますので、複数登録して比較することをオススメします。

目次
閉じる