転職しないほうが良いときの状態とは?

ここが私の居場所

結論は

「今の仕事をやりきっていない時」

です。

私は今まで3回転職し、大企業もベンチャーも経験しましたが、やりきったと言えないときに辞めると、苦労するし、もったいないです。

「もう、今の仕事に未練はない」

「出来ることは全てやりきった」

と胸を張っていえるなら、転職しても大丈夫です。

しかし、そうでないなら、一度立ち止まって自分と対話してみてください。

今回は、転職しない方が良い時について書いていきます。

目次

転職しないほうが良い時

仕事でやり残したことがある時

・このプロジェクトを最後までやりきりたい
・まだ身に付けたいスキルがある
・マネージャー職を経験しておきたい

やり残したことがある。

今辞めたら後悔する。

そう思えるなら、まだ辞めない方が良いでしょう。

スキルや経験を得たいと考え、今の会社でそれが叶うなら、叶えてからで良いと思います。

新しい職場もチャンスに溢れているとは思いますが、全く未知の場所で、自分の思い通りに進められるかは不確定です。

ただ、仕事は際限なく続きます。一つの仕事が完了すると思ったら、次の仕事が平行して始まった。

そんなことも多いですよね。

だから、自分の中で区切りをつけることをオススメします。

この仕事をしっかりとやり遂げられたら、転職しよう。

今年の終わりまで頑張って、転職しよう。

それで良いと思います。

やり残したと感じる状態で、辞めてしまうことはオススメできません。

しっかりやりきったと言える状態で、気持ちよく転職しましょう。

好きな仕事をしている時

好きな仕事を出来ることは、非常に幸運なことです。

周りを見ても少数派ではないでしょうか?

好きな仕事であれば、大変なことも、長時間働くことも、前向きに乗り越えられます。

アイデアややりたいことも、たくさん思い浮かぶので、自分にとって素晴らしい環境といえます。

そんな状態であれば、基本的に辞める必要はないでしょう。

あるとすれば、自分の仕事をよりステップアップさせたいという時くらいです。

「今の仕事はとても好きなんだけどね」

「もっと大きな仕事に挑戦したいんだ」

という前向きな気持ちが出てくるときは、辞めても良いでしょう。

それ以外のときは、基本今の職場で更に腕を磨いて、独立などを目指す方が賢明と言えます。

裁量権の広がる仕事が見える時

「あと半年働いたら、昇進して裁量権ある仕事に就ける!」

それが見えていれば、今は転職しない方がよいかもしれません。

裁量権のある仕事というのは、人を成長させます。

自分がやりやすいように仕事を進められる。

その代わり責任も伴う。

そういう状態の仕事は、チャンスがないとなかなか就けません。

もし、目の前に昇進が見えていて、自分にとって必要な経験だと思うなら、今は転職しない方が良いでしょう。

平社員から、いきなり管理職や幹部社員への転職は、難しいです。

面接で話す内容が思い浮かばない時

面接で話す内容が浮かばない。

転職の面接では、ほぼ間違いなく

・あなたが仕事で頑張ったこと
・成果を出したことと、そのための工夫
・仕事で最もつらかったとき

などのエピソードを聞かれます。

これに答えられなかったら、

『この人、前職で頑張ってこなかったんだ』

と確実に判断されます。

不採用です。

今の仕事で、話せるエピソードはありますか?

もし何も思い浮かばないなら、今の仕事を頑張った方が良いです。

転職の面接では、過去の転職理由も聞いてきます。

その際に、その仕事で頑張ったことを聞かれることもあります。

私は転職3回していますが、現職での面接では、過去3社の転職理由について全部聞かれました。

そこでのエピソードも。

今の仕事を頑張らないと、この先の転職でも、言葉に詰まる場面が出るかもしれません。

まずは、人に話せるよう目の前の仕事を頑張り、その上で特徴的なエピソードをまとめるようにしましょう。

ただ、やみくもに、何でも仕事の自慢話をすれば良い、というわけではないです。

相手のことを考えて話す必要があります。

下記、どういう考え方で転職に臨むかを書いていますので、参考に読んでみてください。

【転職の戦略】自分という商品の便益と独自性を考えよう

—————————–

ここまで、転職しない方が時について書いてきました。

逆に、転職しても良いタイミングについても、別記事で書いているので、参考にしてみてください。

→仕事を辞めても良いタイミングとは?

中途半端が一番良くない

転職しないと決めたなら、目の前の仕事を全力でやるのが先決です。

中途半端に7割くらいの力で仕事をやっても、得られる経験はしれています。

さっさと転職してしまった方が良いでしょう。

やる気が出ない?

やる気は必要ありません。

別記事でも書いていますが、一生懸命仕事しているうちに、やる気は出てきます。

→仕事に本気になれないと、少しずつ廃人になるけど大丈夫?

転職しないと決めたのなら、覚悟を決めて、騙されたと思って、目の前の仕事を全力でやりましょう。

目次
閉じる