転職後、長く働き続けるには転職動機がポイント!

人生の夢

転職動機が曖昧なまま仮に転職が成功しても、長続きはしないでしょう。

自分が何故この仕事をしたいのかが明確になっていないと、いわゆるミスマッチが起きて、気持ちが続きません。

私も実際にやってしまったことがあるので、実体験も含めてご紹介します。

目次

お金のためだけに転職した話

私は、元々営業は得意ではないです。

でも、そこを捻じ曲げて、結局、お金のためだけで仕事を選びました。

その結果、こちらの記事にも書きましたが、クビになりました。

→営業苦手な人間が半年でクビになった話。成果主義の営業は大変!

結婚をして、転職と移住をすることになりました。

結婚するならお金が必要⇒稼げる仕事は?⇒成果報酬型の仕事!

単純にそう考えて、成果報酬型の営業の仕事をやろうと決めました。

しかし、報酬の部分以外では、その仕事を全く楽しそうとは思っていませんでした。

心の中では自分が営業苦手と自覚していたからです。

そうやって自分をごまかしたまま、面接を笑顔で乗り切り、転職しました。

結果は、冒頭にあったようにクビに。

完全にミスマッチでした。転職動機が曖昧だと長く働き続けることは困難です。

転職動機が曖昧だと、踏ん張りが効かない

転職動機が曖昧なまま転職すると、短期的には頑張れても、気持ちがついていないとなかなか成果は出せません。

「そもそも面接の時点で落とされるのでは?」

その場合ももちろんありますが、転職動機が不明瞭でも、そのまま採用されることもあります。

採用されて、採用できてお互いハッピーかもしれません。

しかし、転職動機が不明瞭だと、ここぞというときに

「やっぱりこの仕事自分に合っていないや」

と心が逃げようとしてしまいます。踏ん張りが効かないのです。

仕事では必ずつらい場面に出くわしますが、そこで逃げずに踏ん張って乗り越えないと人は成長しません。

転職動機が不明瞭だと、その乗り越える体験がしづらいのです。

実際、私も上記の仕事では、踏ん張りきれずに終わりました。

下記にその対策を書きます。

転職動機を明確にする

たとえば、「何となく営業の仕事がしたいから」という理由で転職したとしても、営業にも色んな種類があります。

・直接個人のお客さんと商談する営業
・法人顧客のみを相手にする営業
・代理店向けの営業
・全て非対面で行う営業


など、様々です。

自分がどんな仕事をしたいのか、出来る限り具体的にイメージしてみましょう。

また、「転職をしたい理由」も明確にしましょう。

・今の職場の給料が安すぎるから
・同じ仕事に飽きたから
・違う分野に興味が沸いたから
・上司がむかつくから

人によっても、また状況によっても色んな理由があると思います。

「転職したい理由」を明確にすることで、もしかしたら転職しないことが最善の道、と気づくかもしれません。

転職動機を明確にし、転職後の仕事をイメージしていく中で、自分が大切にする価値観が見えてきます。

その価値観と転職希望先の仕事が合っているか、確認する作業が必要です。

私の場合はここがズレていました。

本当は営業は嫌い、その他の仕事にも挑戦したい、と考えていたのに、捻じ曲げて成果報酬型のバリバリ営業会社に転職してしまったのです。

自分が望まない仕事をするのは本当につらいです。

転職動機を不明瞭で終わらせず、自分の想いをハッキリさせていきましょう。

自分にとってやりがいのない仕事を始めてしまうと、本当につらいですよ。

→【実体験】お金よりもやりがいのある仕事がしたい!やりがいを得る方法とは?

譲れないことを確認する

あなたの価値観が少し明確になってきたら、「これだけは譲れない」ものを確認しましょう。

たとえば、

・給料
・勤務先
・残業の有無

などです。

もしくは、

やりがいの無い仕事は本当につらいです。働く意味を考えだして、毎日が空虚なものになります。

・自分が人生で成し遂げたいこと

でも良いです。そこまで強い思いがあるなら、転職動機で迷走することもないとは思いますが。。

このあたりは別記事でも書いていますので、ぜひ読んでみてください。

→良い転職先が見つからない!見つからない理由と見つける3ステップとは?

転職動機が自分で絞り込めないなら

相談しましょう。

人に質問されることにより、自分の中のモヤモヤがはっきりすることも多いです。

無料の転職エージェントを活用して、自分の意志を明確にしましょう。

エージェントの人は色々とあなたの経験や希望について質問してくれます。

質問に答えていくだけで、あなたの思考が整理されるでしょう。

私も毎回転職の際に利用していて

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

などが大手で安心して活用できます。

転職は人生を左右する大きな出来事です。

「2年前の今頃、何をしていたか」は思い出せないですが、「どこの会社でどんな仕事して働いていたか」は誰でも思い出せるはずです。

それだけ人生に大きな影響を与えます。

転職動機が曖昧なまま安易に決めてしまうより、まずはしっかり情報収集したうえで、自分の道を決めてみることをオススメします。

あなたの仕事が長く続きますように。

目次
閉じる