中途面接で聞かれた変な質問!どう対処する?

質問

私はこれまで3回転職しています。

3回もしていると、転職活動でたくさんの企業と面接して、変な質問を受けることもあります。

今回はそんな中でも、印象に残っているある質問をご紹介します。東京のとあるIT企業で面接を受けた際の質問です。

目次

変な質問_フェルミ推定っぽい問い


Q.東京ドームをテニスボールでいっぱいにするには何個必要? 

どういうこと?なんで面接でそんなこと聞くの?

頭が混乱し、

A.たくさん。

そう答えそうになりました。

これは、フェルミ推定とよばれる、自分で仮定の条件を設定し、その中で大雑把な答えを導き出すという類の問い。

正確な答えを出すには、東京ドームの超正確な容積(椅子の隙間なども含む)や、テニスボールの大きさなどをすべて把握していないと無理です。

こんな内容が転職の採用面接で出てくると思ってなかった私は、パニックになりました。

私の回答

「・・・(とりあえず間を作って、考えている風の雰囲気を出す)」

「テニスボールの大きさを直径10cmと考えて、東京ドームの床1面に敷き詰めます。そして、それを積み上げる。」

「さらにボールを半分にしてみる」

「・・・」

「です」

よく分からなくなりました。

この質問の後、面接終了の話がありました。

つまり、この回答がダメだったことが原因で不採用になったのです。

かなり悔しい面接になりました。

どのように答えるのが良かったのか?

正解はありません。

面接官からの問いの意図は、おそらく

情報が限られている中で、自分で仮説を立て、答えを導き出せる力があるか

を測るためでしょう。

実際、質問している側も、模範解答以外の答えを用意しているわけではないと思います。

ただ、今思えばもう少し違う角度で答えることもできたと感じています。

それは、『自分で答えを出す必要はない』ということです。

論点をずらす作戦です。

下記に今の私の考えを書きます。

まず、問いが生まれる場面を想像します。

(例)
「テニスボールのメーカー担当者」として、製品宣伝のため、東京ドームを自社テニスボールで埋め尽くす企画を考えた。

上記の前提をもとに、面接官への回答を考えます。

「ボールがいくつあれば埋まるか、正直、自分の頭では分からない」

「だから、ネットで類似問題を検索してみます。そこにヒントがあるかもしれない。」

「それでもなければ、そういう問題に強そうな社内の人に声をかけて、ブレストします。

「ブレストしても出なければ外部に聞きます。

東京ドームに電話して、過去に同じような趣旨の企画をやったことがあるか、または宣伝方法として他に良い案あるか確認します。」

繰り返しになりますが、面接官からの問いの意図は、

情報が限られている中で、自分で仮説を立て、答えを導き出せる力があるか

を測るためと推測されます。

それに対して、上記の私の回答は

情報が限られている中で、いかに問題解決をするか

に沿った内容です。

論点をずらしていますが、より実践向きの回答にすることで、もしかしたら採用されたかも、と思っています。

面接の変な質問に対応するには

フェルミ推定みたいな変な質問はあまりないと思いますが、企業によってはわざと変わった質問を投げてくることがあります。

そんなとき、どう対処するか。

①質問の意図を考える

なぜその質問をされているかを推測しましょう。

面接官は何を知りたいんだ?


面接官の知りたい内容に合わせて回答ることが理想です。

たとえば、


Q.休みの日は何をしているの?


という質問がたまにあります。

仕事とは関係ないですが、面接官は普段の生活の様子を知りたいのだと推測できます。

嘘は絶対ダメですが、面接官がすごくまじめそうだと感じたら

『カフェで勉強しています。早朝ランニングしています。』

など、生活態度がしっかりしている様子をアピールするのも良いでしょう。

一方で、少しラフで調子の良さそうな面接官なら

『大体飲み会してます。徹夜でゲームしてます。』

などでも良いと思います。気が合うと感じてくれるでしょう。

要は自分のどの面を見せるか

です。

早朝ランニングしている人で、毎週飲み会ばかりしている人もいます。


相手の意図を汲み取り、自分のアピールする面を選択することができれば、相手の満足のいく回答ができるでしょう。

②間違ってもよいので自信をもって答えよう

自信は大切です。

たとえ、相手の意図した内容と違う回答をしてしまっても、自信満々なら相手も

「この人、好感持てるな」

と感じてくれます。

ナヨナヨして弱弱しく発言する人より、自信満々で間違った発言する人の方が、好感度は高いです。

何より、一緒に働きたいと思ってもらいやすい。

回答に自信がなくても、表情と声は自信をもって答えましょう。

面接に自信が持てなかったら

転職エージェントに相談してみましょう。


私も、実際3回転職していて、毎回エージェントを活用していました。

無料ですし、登録するだけで情報が入ってきましたので。

ちなみに私が活用していたのは、下記大手3社です。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

求人情報の提供だけでなく、面接の対策の相談にも乗ってくれるので、自信の無い方、確実性を高めたい方は活用しないと損ですよ。

変な質問が来た際に、相手の意図を汲み取り、自信を持って回答できるようにぜひ準備してください。

目次
閉じる