給料下がっても転職した方が良いときとは?

良い時

「給料が下がっても転職した方が良いの?」

「でも、給料下がるの不安だな」

転職は自分の人生に大きく影響するため、考えることも多いでしょう。

結論としては、

「今の職場より自分に合っていると思ったら、転職した方が良い」


です。

なぜなら、

「お金は後からでも稼げるけど、経験は今しか得られないから」


私自身も、年収が半分近く下がる転職をしました。
年収ダウンの転職でも幸せか?【650万円→360万円】になった実話

以下、給料が下がっても転職した方が良い状態について書きます。

悩んでいる人の背中を、少しでも押してあげることができたら嬉しいです。

目次

将来への期待があるとき

若いうちに経験を積みたい

経験は一生ものです。

お金は増えたり減ったりしますが、経験は右肩上がりに増え続けます。

若いうちに積んだ経験が、10年以上も経って役に立つこともあるでしょう。

経験を積んで、実績作って、お金をたくさん稼いでやる、そう感じたなら、目の前の給料が下がることなんて、小事です。

友達の仕事を助けたい

友達が起業して、手伝わないかと誘われたとき。

起業してすぐなら、ほとんど給料は出せないはず。

自分の今の生活は保てないでしょう。

ですが、あなたと友達の関係にもよりますが、友達を助けるために働けることは幸せなことだと私は思います。

また、その会社に成長性が感じられれば、将来ストックオプションなどで大きな報酬を得る可能性もあります。

給料下がっても挑戦する価値はあるでしょう。

興味のある分野で仕事したい

社会に出て働いた経験があればあるほど、自分が興味のある分野が分かってくるはずです。

たとえ給料の良い会社であっても、興味がない仕事であれば続けるのはしんどい。

給料or働き甲斐。悩むところですよね。

私は働き甲斐を取るべきだと考えています。

たとえ給料が下がろうとも、興味のある分野の方がストレスがたまらず、能力向上も見込める。

後々、大きな給料アップも期待できるからです。

何より、楽しくない仕事は続かないですよね。

興味ある分野で仕事したいと思ったら吉日です。

企画・提案型営業は面白い!売り込み型より圧倒的に楽しいポイントとは?

早く昇進したい

大企業は管理職社員もたくさんいて、昇進するのに時間が掛かります。

課長になるには40代から、みたいなところもありますよね。

もし、自分が早く昇進したいなら、小さな企業に行くべきです。

人数が少なく、新しい事業もやりやすいので、重要なポジションに就ける可能性はグッと高まります。

ただ、小さな企業は大企業に比べたら給料は安いでしょう。

そこを飲み込んででも、行く価値があるか。

私はあると思っています。

別記事でも書いていますので、参考までに読んでみてください。
→何故ベンチャーで働くと成長するのか?経験者から見た5つの理由!

現状への不満があるとき

「期待」とは真逆の「不満」がある場合も、転職をしても良い状況です。

ハラスメント地獄

パワハラ、セクハラ、モラハラ、マタハラ・・・

とにかくハラスメントという名の圧迫があるなら、速攻で転職しましょう。

今の仕事が大好きで、どうしても職場に残りたいなら別ですが、ハラスメントを解消するのは難しいです。

たとえ、社内制度で訴えることができても、そこからが長く、周りの目も辛くなります。

自分は悪くない!と頑固にならず、無理だと思ったら、さっさと環境を変えた方が精神衛生上にも良いでしょう。

その際、給料が安くても働きやすい職場を選んでください。

給料が高くてもパワハラ地獄の会社だと、心がつぶれて、人生がぐちゃぐちゃになってしまいますので。

スキルが身に付かない仕事

単純作業の繰り返し、他でも活かせるスキルが身に付かない。

そういう仕事であれば、転職した方が良いです。

たとえ、今この瞬間は給料が高くても、いずれ年を重ねたときに、何もスキルが無ければ高給は得られません。

給料安くても、スキルや経験が身に付く会社に飛び込んだ方が、長い人生では得になるでしょう。

業界の将来が暗い

斜陽産業に勤めていて、未来が見えない。

伸びている業界にいた方が、個人も伸びやすいです。

なぜなら、伸びている業界は使える予算が潤沢にあるし、仕事もうまくいきやすく成功体験を積みやすいから。

たとえ能力が高くても、業界全体が沈んでいる=ニーズが減っている、そんな状況ではなかなか成果が出せません。

たとえば、コピー機業界。

コロナ禍によってオンライン化が進み、「紙」ではなく「データ」でのやり取りが増えました。

コピー機の利用者が今後爆発的に増えることは想像しにくいですよね。
社会全体で需要が減っていく中で、コピー機の営業をするのは大変です。

一方で、健康志向は世界共通で高まっています。

健康食品や運動器具、パーソナルトレーナーなどの需要はどんどん高まるでしょう。

そういう環境であれば、成功体験は積みやすく、自信にもなり、また給料も高まりやすいです。

自分が属している業界の将来は明るいのか、暗いのか。

もし、暗いのであれば、たとえ一時的に給料が下がったとしても、転職することをおすすめします。

転勤族

転勤はしんどいですよね。

独身なら、新しい土地を純粋に楽しむとも考えられますが、家族がいればきつい。

こどもの保育園、配偶者の仕事など、色んなところに大きな影響が出ます。

入社したときはほとんど転勤ないと聞いていたのに。。。

そう思って、転勤辞令を拒否することもできるでしょうが、その後は会社内で肩身の狭い思いをするでしょう。

さっさと転職した方が今後につながります。

残業の嵐

土日も仕事。

給料は良いけど、プライベートの時間が全くない。。

体も心もボロボロ。

明日も仕事だ。でも稼ぐために働かなくちゃ。

壊れてしまう前に転職しましょう。

給料が下がっても、人間としてまともな生活をしている方が良いです。

体と心が壊れてしまったら、本当に手遅れです。

迷ったら

転職エージェントを活用してみましょう。

あなたの希望を聞いたうえで、給料が少し下がるが経験を得られるような求人もしっかり紹介してくれます。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

などの大手がおすすめです。無料で登録・活用できるので、使わないと損ですよ。

転職の成功は給料アップだけではありません。

給料が下がっても、現状よりも明るい未来が切り開けるような転職が、転職における成功です。

ぜひ、今一度自分の状況を振り返って、新しい一歩を踏み出すか決めてください。

目次
閉じる