給料上げる転職のためには、企業に直接応募・交渉が良い?

交渉成立

働くなら出来る限り高い年収で働きたいですよね。

しかし、一度決まった給料はなかなか変えられない。

なら、転職のタイミングで年収上げる交渉が手っ取り早いです。

内定後に、「給料あげてほしい」交渉ですね。

そして、エージェント経由より直接応募の方が、給料交渉がうまくいく可能性が高いです。

なぜなら、直接応募の場合、企業は

エージェントへの紹介手数料が掛からないから

です。

目次

採用のコストを考えてみる

企業が採用を行う場合、HPやSNSで告知したりしますが、転職エージェントに良い求職者を探してもらうよう依頼もします。

この場合、仮にエージェント経由で採用できたら、企業はエージェントに対して年収の30%程度を支払うのが一般的です。

年収500万円の人を採用したら、150万円程度をエージェントに払う計算ですね。

これが大きな採用コストになります。

もちろん、採用担当者の人件費や転職セミナーの開催費用など、別途掛かっているコストもありますが、紹介手数料もバカになりません。

求職者が直接企業に応募すれば、この費用を節約することができるのです。

節約コスト分を給料に

直接応募しての採用なら、エージェントへの紹介手数料が浮きます。

少し企業の懐に余裕が出るわけですね。

給料アップの交渉がしやすくなります。

たとえば、上記の例だと150万円ほどのお金が浮いたので、その分、年収を50万円上げてもらう、などの交渉が可能です。

企業としては50万円アップしても、浮いた150万円があるので、マイナスにはなりません。

おそらく交渉するときに、

「他社の面接も進んでいて、そこと迷っている。他社は550万円」

「この50万円の差が引っかかっている。仕事内容自体は御社の方が魅力的で、可能であれば御社で働きたい」

「他社と同じ水準に合わせていただくことは可能か」

みたいな話をされると思います。

すると、企業側では50万円アップするよりも、人材を逃す方がつらいので、交渉に応じてくれる可能性は高いでしょう。

これがもし、企業側が余裕がなければ、

「50万円のコストが掛かるくらいなら諦める」

という結論になりかねません。


じゃあ、エージェント経由より直接応募の方が良いんだ!!

というわけでもありません。以下でその理由をご紹介します。

直接応募の注意点

エージェント経由でダメで、直接応募で通ることもあるが

稀にですが。。

ただ、これはエージェントから嫌われます。

エージェントとしては面子を潰された形になりますし、紹介手数料が入ってこないからです。

別にエージェントに嫌われても全く問題ないですが、義理堅い人は良心が痛むと思います。

止めましょう。

直接応募をやらない企業もある

これは、エージェントによるフィルターをかけたいから。

「こういう人を採用したいから、よろしく」

と採用企業はエージェントに依頼します。

フィルターかけないと、全く見当違いの人が応募してくることもあり、管理の手間も掛かるためです。

企業の希望に沿って、エージェントは求職者をフィルターにかけ、合いそうな人に面接を促します。

なお、通常、エージェントは紹介した人が3ヶ月など短期で仕事を辞めてしまった場合、紹介手数料を企業に返す制度を採っています。

なので、ミスマッチになるような紹介は基本しないため、エージェントのみに依頼する企業が存在します。

HPでは募集終了だが、実際採用していることもある

直接応募する際は、今、人材募集しているかを確認しますよね。

確認すると、HPで「今は募集していない」という表示が。

しかし、実際は採用ルートを絞って募集していることがあります。

特定のエージェントに依頼して、そこからだけ採用かける、など。

外からは見えないため、直接応募にこだわると機会を逃すこともあるかもしれません。

第三者の意見が聞けない

企業にもよりますが、採用側はどうしても人材が欲しい場合、自社の悪い部分をオブラートに包んで話してくることがあります。

あの会社に行きたいんだ。

良いと思います。あなたの中でイメージもあると思います。

そして、直接応募して面接して企業と面談。

企業側の話を聞いて、すごいワクワク。採用が決まり、入社を決めた。

でも、実際に入社したら聞いていた話と違った。なんてことはあります。


仮に現場社員の話を聞けたとしても、悪いことは基本言わないです。自分が働いている職場を否定することになるので。

しかし、その企業を知っている第三者に聞けば、その企業の本当の部分が分かるかもしれません。

そのためにエージェントも存在しているので、企業理解に自信がないのであれば、活用した方が良いでしょう。

ちなみに私は3回転職していますが、大手エージェントの

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

の3社に登録して併用していました。
情報収集するなら、複数の出所があった方が良いからです。

再度の結論ですが、「給料上げたいなら、直接応募はあり」です。

企業理解がしっかりあるなら、ガンガン行きましょう!給料交渉もしやすくなります。

→【転職の戦略】自分という商品の便益と独自性を考えよう

もし自信ないなら、エージェント使って手堅くいくことをオススメします。

目次
閉じる