30代での異業種転職で実践すべきことは?2回成功した私の実話

change

・今までと異なる業種にチャレンジしてみたい。
・新しい道に進んでみたい。
・今の業界が嫌になった。

30代はライフスタイルが変わりやすい時期でもあり、将来の仕事や人生について、深く考える時期でもあります。

まず認識しておく必要があるのは、30代で未経験の業種への転職は厳しいということです

経験のない職種だと、より一層難しいでしょう。

採用する側からしても、経験者の方が育成にコストも掛からず、外部の知識も持っているので、即戦力として獲得したくなります。

じゃあ、絶対に無理なのかというと、そうでもありません。

過去の経験が生かせるような業種であれば、転職は可能です。

実際に30代で異業種へ転職している方はいます。

ちなみに私は、

金融(証券)→ベンチャー広告代理店→金融(保険)→広告代理店

という経歴です。

異業種への転職をしていますが、全くの未経験というわけではありません。

私は営業を中心とした経歴なので、

営業職で他業種へ転職、他の仕事もやる、というようなことが多いです。

今回、実際に私が転職活動したときのことも含めて書いています。

この記事を読んで、頭の片隅に情報を入れていただき、あなたの異業種転職を、ぜひ良い転職にしてもらえればと思います。


目次

転職前からやっておいた方が良いこと

転職しよう!

そう思ってから、職務経歴書を書いたり、転職サイトを見たり、友達に話を聞いたりする人が多いと思います。

それでも良いのですが、実は転職成否を決める要因は、転職を思い立つ前から始まっています。

実際に私が行ってきたことを、書き出してみましたので、参考にしてみてください。

自分の人生のたな卸し

私は保育園の頃~現在までの自分史を書き出しました。

保育園、小学校、中学校、高校、大学、1社目、海外放浪、2社目・・・

とそれぞれの出来事や、考えていたことを思い出して、evernoteにまとめました。

面接に臨む前にある程度、自分の考えは整理されると思いますが、

人生のたな卸しをすることで、

何を考えて、今まで数々の選択をしてきたのか

を知る助けとなります。

要は「自分の判断軸」を知れるということですね。

30代の転職では、20代と違って、元気の良さだけでなく、経験や実績について見られます。

その際に、自分の軸を知っておけば、すんなりと答えられるようになるでしょう。

手間はかかりますが、オススメですので、ぜひ試してみてください。

面接で話せる実績を意識して仕事する

30代の転職面接では、必ず実績と経験を聞かれます。

「職務経歴書に書いてあるこの実績ですが、何か工夫したことはありますか?」

この質問に答えられるように、普段から意識して仕事する。

それだけで、今目の前にある仕事の見え方が変わる可能性があります。

たとえば、

小さな課題を見つけたとして、

「これを自分のアイデアで解決できれば、転職の際に実績として話せるかな」

そう考えるだけで、やる意義とモチベーションが出てきます。

具体的にイメージが湧かない場合は、職務経歴書を書いてみると良いでしょう。

自分が書ける実績って何かな?

その意識だけで、非常に変わりますので。

なお、実績は大小問わず、いかに課題に対して工夫したかがポイントです。

自分はユニークであると認識する

落ち込んだときのための対策です。

人間はつい誰かと比べてしまいがちですよね。

そして勝手に落ち込む。

自信が無くなる。

どうせ自分なんて・・・

そんな言葉が出てきてしまう。

誰でも凹むことはあります。

私もよく凹みました。

でも、上から目線で恐縮ですが、誰かと比較することは無駄です。

転職活動をしていると、

「自分みたいな経歴の人なんて、どこにでもいるだろうしな。。。」

と考えてしまうこともあるかもしれません。

私も考えていました。

そして、悩んで足が止まっていました。

ですが、それは大きな勘違いだと気付きました。

会社の外に出れば、物差しは無限にあります。

たとえば、あなたの経歴が、

・31歳の神奈川県出身の男性
・元サッカー部
・日本大学卒
・子供が一人
・不動産業界で営業職
・お笑いが好き
・焼き肉が好物
・声が高い

これだけで既にあなたはユニークな存在です。

同じような人を探しても見つからないと思います。

また、会社についても、全く同じような会社はありません。

  • 世の中に同じ人はいない。
  • 世の中に同じ会社はない。
  • 転職は一種の出会い。
  • 自分の存在を必要とする会社は必ずある。

これを頭の片隅に入れておいてください。

私も転職の度に、

「自分と同じ人生を歩んだ人間はいない」

と考えて、転職活動をしています。

そう考えると、勇気が湧いてくるからです。

すでに30年を生きてきたあなたは、誰にも真似できない存在です。

自信を持って転職活動に臨んでみてください。

「優秀な人」の定義は変わると認識する

素晴らしいwebデザインが出来て、プログラミングも得意な人は、web業界では「優秀な人」です。

ですが、その人がもし車を運転できなかったら、引越し業界では「使えない人」です。

優秀な人とは『求められることに対して、成果を出せるか』で決まります。

会社や、募集しているポジションによって求められることは変わるので、あなたが優秀かどうかは仕事によって変わります。

だから、

「自分は優秀じゃないから。。。人より不器用だから。。。」

と落ち込む必要はありません。

私が実際に転職活動でやったこと

①転職サイトで求人探す

まずは転職サイトを調べました。

リクナビNEXT、マイナビなどです。

ものすごい数の求人が載ってました。

おっ!これは!

と思う求人案件もありましたが、勤務先が東京と大阪ばかり。。

地方都市って本当に厳しい、という現実を思い知りました。

また、不特定多数に向けた求人のため、ピンとくる求人はなかなか自力で見つかりませんでした。

②転職エージェントに複数登録

転職サイトでうまく見つけられなかったため、転職エージェントに登録。

dodaとリクルートエージェント、それにランスタッドという外資系の会社です。

結論としては、私はdodaで紹介してもらった会社に転職しました。

リクルートエージェントも会って相談に乗ってくれたり、ランスタッドも電話で話してくれたりしたのですが、

いまいち自分に合う求人が見つかりませんでした。

※ランスタッドは外資系だからなのか、東京の案件に偏っていました。

dodaは私に合うような案件を紹介してくれました。

実は1回目の転職時も私はdodaで転職しています。

どのエージェントが合うかは相性の部分もあります。

いくつか複数登録しておいて、自分に合う担当者や求人があれば、話を進めていくことが良いでしょう。

③履歴書・職務経歴書を作成

転職エージェントに登録後、

履歴書、職務経歴書を改めて、転職エージェントのフォーマットで書きました。

まぁ、修正指示が来ましたね。

「ここはこの方が良いです」

「ここはもう少し厚みを持たせて書いてください。」

「これはどういう意味ですか?」

そんな話を率直にしてもらいました。

おかげさまで、ビフォーアフターは全然違う文章に仕上がりました。(笑)

履歴書や職務経歴書を書き慣れていない方は特に、

エージェント担当者に添削してもらって、書くことをオススメします。

④求人に応募

履歴書と職務経歴書が出来上がった段階で、応募し始めました。

転職エージェントからまとめて10社程度の紹介があり、

気になった会社へ応募しました。

私はここで選り好みしたため、応募数は少なかったです。

でも、とにかく仕事を見つけることを優先するなら、どんどん応募した方が良いでしょう。

でないと、私みたいに1か月に面接2社だけとかになります。

これは非常にリスキーです。

2社落ちたらどうすんの!?

と言われたら、

そうですよね。。。

しか言えないと思います。

だから、私が言うのもなんですが、ある程度応募する数はあった方が良いでしょう。

⑤応募した会社と面接

いよいよ面接です。

久しぶりの転職面接のため、緊張、、、はしませんでした。

リラックスしすぎていて、

『本当にこの会社に入りたいのか?』

と自分を疑っていました。

もちろん、2次面接などで落ちたところもあります。

転職面接での失敗については、別記事に書きましたので、ぜひ読んでみてください。

⑥内定承諾

面接を受けた数社のうち、2社から内定をもらいました。

ありがとうございます。

色々と悩みました。

家族もいたので、自分だけでは決めきれない部分もありました。

最終的な決め手は、仕事内容と働き方です。

より自由度が高い仕事が出来て、働き方がホワイトな企業を選びました。

内定を断ったところには、電話で平謝りしましたが。。

⑦今の会社に退職を申し出る

転職が決まり、今の会社に申し出る。

これは緊張しますよね。

私も転職する勇気より、辞める勇気の方が必要なんだと感じました。

当時の上司に打ち明けました。

まぁ、本当に心が広い人。

私の辞意を受け入れてくれました。

そこからは、引継ぎラッシュ。

目の前で動かしている案件、クライアント、社内活動、その他を一つずつ整理して、

引き継いでいきました。

⑧手紙を書く

会社を退職する3日前。

どうしても自分の中で、伝えたい思いというのがあふれてきて、

お世話になった同僚の方々に手紙を書くことにしました。

一人につき、A4用紙1枚。約40名分。

書き始めてから気づきましたが、めちゃくちゃボリューム多い。

あれ?あの人の分書いたっけ?

途中でわちゃわちゃもしましたが、全て書ききり、

一人一人に渡すことができました。

これは私の考えですが、退職したといっても、今まで一緒に働いていた人との関係は極力続けた方がいいです。

この先何があるか分かりません。

数年後に取引先になることも、再度同僚になることもあります。

なので、できる限り円満に退職できるように努めた方が、無難です。

⑨新しい会社に入社

紆余曲折を経て、やっと新しい会社に入社。

緊張します。

当然、自己紹介するのですが、なかなかウケない。

前途多難です。

異業種転職には理由の一貫性が必要

全くつながりのない転職は、採用側から信用してもらえません。

会社に入る明確な理由がない、志望動機があいまい、と捉えられます。

なぜ、この業界、会社で働きたいと感じたのか、明確にしておくと良いでしょう。

たとえば、私の場合は、下記のように説明しました。

・新卒で大企業金融機関に入社
→お金と営業について学びたかったから。

・ベンチャー広告代理店に転職
→経営に近いところで働きたい+営業のスキルを活かせると思ったから。

・大手金融機関に転職
→結婚を機にすべての環境を変え、お金が稼げて、自分の経験が生かせる仕事がしたかったから。

・広告代理店に転職
→広告代理店での経験を活かしつつ、チームで目標を達成する仕事がしたかったから。

こんな感じです。

正直、そこまで明確につながっているとは言えませんね。

でも、「営業」と「金融と広告代理店」と「個人、チーム」。

だいたいこの話は共通して登場させています。

なお、私は別に「金融や広告」の仕事が特別好きなわけではないです。

業種にそこまで拘りはありません。

でも、自分の中で、

・『こういう風な経験を得たい』
・『こういう風に働いて、みんなと成果を祝いたい。』

というイメージがあります。

そのイメージに一貫性があると考えいます。

なので、そのイメージに沿った仕事が出来そう会社を選び、

補足として、自分の経験が生かせるアピールをしている感じですね。

考え方は一つではないと思いますが、異業種への転職を考えるなら、ぜひ、一貫性を持たせてみてください。

「登りのエスカレーター」に乗ることが大切

登りのエスカレーターとは、今伸びている、今後伸びる業界・仕事のことです。

現在であれば、AI関連や動画編集などですね。

逆に「下りのエスカレーター」というのも存在します。

今の時代に、馬車を操る技術やガラケーで音楽を作る技術を必死に習得しても、ほとんど報われません。

これからどんどん需要が無くなる業界だからです。

今は自動車やスマホ産業という、より便利なものが存在しており、業界規模が圧倒的に違います。

簡単に言うと、

「時代遅れの業界にいても、あなたの収入やキャリアのアップは望めないですよ」

ということです。

時代の先読みにも繋がりますが、「登りのエスカレーターに乗る」ことを心がけてみてください。

異業種への転職は人生を拓く

いろいろと書きましたが、全く違う業種への転職は、自分の視野を広げてくれます。

今までの常識が180度違うということも、普通にあります。

私も、固い固い金融機関から、緩い広告の業界へ移って、かなり衝撃を受けました。

えっ、セキュリティ大丈夫?

みたいなことにも、よく出会いました。

でも、「スピード感と自由度を高めて仕事する」という働き方も、学べました。

異業種への転職は、頭の中の常識がひっくり返され、間違いなく、財産になります。

そして、異業種から来たあなたは、別の業界を知っている人間として重宝されます。

転職は大変です。

でも、勝負して得られるものは大きいです。

挑戦するだけの価値はありますので、もし迷っているなら、ぜひチャレンジしてみてください。

楽しいですよ。

目次
閉じる