仕事が暇だから転職したい!その前にやるべきこととは?

暇な猫

忙しいのは嫌!でも暇なのもしんどい!!

むしろ、実体験からすると、暇な方が仕事はしんどいです。

毎日やることない。

このままでいいのか?

転職しよう!!

そう思ったとき、ちょっと立ち止まってみてください。

他にやるべきことはないのか?

実体験も踏まえてご紹介しますので、仕事が暇でつらいあなたの参考になれば嬉しいです。

目次

コロナ禍で仕事が暇になった

私は一時期インバウンド関係の仕事に携わっていたのですが、コロナで見事に全て無くなりました。

本当に0になりました。

需要が無いので仕事も全く要らない。

一瞬にして「不要不急の代表格」みたいな仕事になってしまいました。

毎日会社に行っても、特にすることはなく、海外のコロナについて情報収集したり、競合他社と情報股間したりして過ごしていました。

とはいえ、半日もあれば終わってしまう。

スケジュールはスカスカ。

幸いなことに、親会社が別事業をやっていたため、給料は支給されていたのですが、仕事がなく辛い毎日でした。

私個人だけでなく、チーム全体がそのような状況だったので余計つらかったです。

結局、同じグループの別会社と一緒になり、全く違う仕事をすることになりました。

仕事が暇な状態は良くない?

良くないです。

暇な状態が続くとどんどん廃人になっていきます。

人間は楽な方に流され、やる気と学習意欲が無くなっていくからです。

別記事に書いていますので、参考までにぜひ読んでみてください。

→仕事が暇なときは危険!?自分に力をつける3つの方法。

転職の前に考えること

暇だから転職しよう!

その心意気は悪くないです。現状打破の手として転職は有効でしょう。

ですが、その前に少しだけ考えてみてください。

本当にやれることはないか?

もう今の仕事でやれることは、本当にないのでしょうか?

暇ということは、あなたのキャパは相当余っているはずです。

そして、あなた以外の人は暇ではないかもしれません。

会社全体が暇であれば、倒産してしまうので、必ず多忙な人はいるはずです。

・他の人の仕事を手伝う
・以前から疑問を持っていた点について調べる
・時間が掛かるプロジェクトを始める

など、できることはありそうでしょうか。

たとえば、競合調査として、

・他社のパンフレットを全て集めて比較研究してみる
・他社のセミナーに潜入してみる
・お客さんに自社商品と他社商品についてインタビューしてみる

などはどうでしょうか。

それが回りまわって、自分の仕事に役立つこともあります。

また、別部署でやりたい仕事があるなら、その仕事をしている人を手伝う、というのも良い経験になるはずです。

暇な時間を有効活用するには

「自分の周りは暇な人ばかり。暇な時間を活用できないか?」

それなら

・スキルアップ

を目指すのも一つでしょう。

私はタイピングの練習や、EXCELの関数の使い方などを暇な時間に独学していました。

・勉強

も良いでしょう。

本業に関わることなら、オンラインセミナーなどを勤務中に受けても、会社は許してくれるはずです。

会社が推薦している資格があるなら、取得を目指すののも良いでしょう。

また、グレーゾーンですが、

・副業に関してアイデアや構想を練る

もアリです。動いたもん勝ちです。スキルも身に付きます。

会社としても、本業以外の知識や経験が身に付くので、社員の成長につながり推奨しているところもあります。

ただし、勤務時間中にやってよいかは別です。

基本はNGだと思うので、構想を練るくらいに留めておいた方が賢明です。

また、副業禁止としている会社もあります。

そういった会社や、公務員などでは懲戒処分を受けてしまうため、止めておいた方が良いとは思います。

なお、

・株式や仮想通貨などの売買

は会社では止めておいた方が良いです。

仕事中にやり始めると、気になって、何事にも身が入らなくなります。

また、値動きに一喜一憂して、最終的には大抵損します。

私も経験ありますので、全くオススメしません。

やりきったと思えるなら転職

あなたが今の仕事でやりきったと思えるなら、転職しましょう。

「自分の業務は暇だけど、他にもやれることがあるな」

と感じるなら、まだ続ける価値はあると思います。

ただし、この先も状況が変わりそうになければ、転職も選択肢に入ります。

「1年後も状況は変わりそうにないな・・・。」

まさにコロナ禍が始まった頃のような状況ですね。

なお、もちろんですが、転職には勢いと情報収集の両方が必要です。

転職という「変化」にはストレスが伴うので、合理的に考えているだけでは、決して動けないでしょう。

ですが、情報を集めておくこともまた重要です。

まずは転職サイトでどんな求人があるか調査し、大手転職エージェントに相談してみましょう。

転職サイトなら
・リクナビnext
・マイナビ転職

転職エージェントなら
・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

などが大手になり、求人情報の量も圧倒的に多いです。

無料で活用できるので、使わないのは損。

今の仕事が暇すぎて見切りをつけるなら、まずは情報収集するところから始めてみてください。

目次
閉じる