転職の足を引っ張るも8つの要素

8つのこと

転職しようかなと思うけど、なかなか踏み出せない。

何が邪魔しているのでしょう。

私なりに8つの要素を選別してみます。

目次

転職の足を引っ張る8要素

マイホーム

一国一城の主として、念願手に入れたマイホーム。

しかし、いざ転職を考えた時にこれが大きく足を引っ張ります。

なぜなら、

・莫大なローンの支払いが残っている
・住む場所が固定されている

からです。

ローンは大抵の人が、現状の収入が続けば働きながら返済できる

と思って組むものでしょう。

しかし、そうすると、年収ダウンの転職は選びづらくなります。

また、住む家が固定されているので、勤務先も限られるでしょう。

良い条件の仕事があっても、家から遠いから諦める、ということも出てきます。

かといって、マイホームを売ったり、貸し出したりするのも簡単ではありません。

大きなマイナスが出る可能性もあるし、借り手が見つからないことも想定されます。

マイホームがあることは、転職という面で、大きく足を引っ張るものでしょう。

→マイホームが人生を狂わせる。

地元愛

地元愛が強いと、地元に残りたくて、転職をためらうときが出てきます。

私も地元愛が強い地域の出身なのですが、今でも中学時代の友人はほとんど地元に残っています。

地元のつながりで、いろいろと回っており、年中行事もあって楽しいようです。

もちろん、地元が好きというのは素晴らしいことでもあるので、全然OKなのですが、転職という面においては、視野を狭めることになるでしょう。

家族

転職時には、家族の理解が必須です。

転職は生活に大きな影響を与えるからです。

いくら自分が、「この仕事がしたい」と考えていても、家族の理解が得られないのであれば、転職は難しくなるでしょう。

上司

現在勤めている会社の上司。

転職を相談したら止められるかもしれません。

人によっては、今まで育ててやった恩を仇で返すのか、的なことも言われるかも。

→むかつく上司がいる時の対策とは?

上司に転職意向を伝えるタイミングは難しいですが、私は、転職先が決まってから話すようにしています。

同僚

現在勤めている会社の同僚。

入社時から苦楽を共にしてきた、付き合いの長い人もいるかもしれません。

転職前に相談すると、「やめときなよ」と止められることもあるでしょう。

「もっと活躍できるよ」とか、「寂しいよ」とか。

同僚の言葉だからこそ、心に刺さるものもあるので、転職をためらう一つの要素となるかもしれません。

親ブロック。

仕事についても、親に相談している方。

さすがにある程度年齢を重ねればないと思いますが、20代など若い頃では、まだ親の影響が強かったりします。

転職に関して親に相談し、「そんな危なそうな会社やめときなさい」と言われたら、戸惑うでしょう。

親としては、大抵、安心できる会社で子どもが働いてほしいと思っています。

また、親の見栄っ張りで、「子どもは○○で働いてるのよ」と言いたいがために、大企業を辞めさせない親もいるでしょう。

転職に関しては、足を引っ張る存在にもなり得ます。

今の職場の待遇

今、ある程度の年収を得ていたとします。

でも、本当にやりたい仕事ではない、魅力的な仕事が見つかった。

ただし、新たな仕事では年収が半分になる。

そんな時、転職を悩む方は多いと思います。

私も悩みました。

今の職場の待遇が良いと、新しい環境に挑戦するときに、心が揺らいでしまいます。

生活レベルを下げる必要があるからです。

また、その後に得られたであろう、更にアップした年収を捨てることにもなるからです。

実際、私も年収が半分近くになる転職をしました。

別記事で書いていますので、参考までに読んでみてください。

→年収ダウンの転職でも幸せか?【650万円→360万円】になった実話

学歴

学歴がないから、転職なんて出来ない。。

今の会社に入社できただけでもラッキーだから、他のところなんて無理だ。

転職の足を引っ張る要素として、学歴もあります。

人は学歴じゃない、というのは方便で、実際、学歴は考慮されます。

新卒入社時は、ほぼほぼ学歴で足切りをしてくるので、学歴がないとなかなか就職が難しいというのは事実ですよね。。

ただし、中途採用時は学歴よりも圧倒的に職歴なので、今の仕事を頑張っていれば、転職チャンスはたくさんあるでしょう。

こちらも別記事に書いていますので、読んでみてください。

→中途採用に学歴は関係あるのか?

転職は自分の本心に従うこと

転職にあたり、足を引っ張る要素はたくさんあります。

今回挙げた8つ以外にも、悩みとなるものはあるでしょう。

ただ、一つだけ言えるのは、自分の本心に従わないと100%後悔する、

ということです。

何かと理由をつけて自分を無理やり納得させて、行動を変えたとします。

後々、必ず後悔します。

人の意見に沿って行動すると、失敗したときに人の責任にしてしまうからです。

「あの人のアドバイスに従って行動したら、失敗した。」

「あの人が無理って言ったから止めたのに、やっておけばよかった。」

どれも、最終的に決めたのは、あの人ではなく、本人です。

→転職するか悩んだら問いかける10の質問とは?


あなたの本音は何ですか?

ぜひ、自分の心の声に耳を傾向けて行動してみてください。

目次
閉じる