転職エージェントに良い印象を与えることは重要!5つの方法とは?

転職エージェントと面談中

転職活動しようと思って、とりあえず転職エージェントに登録してみた!

まずはエージェントとの面談。

ここ、勝負です。

エージェントに良い印象を与えましょう。

理由は、

エージェントに本気で良い案件を紹介してもらうため

です。

私も転職の度にエージェントを活用しています。

グループ会社がエージェント事業をやっていたこともあり、マッチングの内側を知りました。

今回はそんな経験をもとに、エージェントに与える印象の効果について書いていきます。

目次

何故、転職エージェントにも良い印象が必要なの?

転職の採用面接で、良い印象を与える必要があるのは当然です。

でも、何故エージェントにまで、良い顔をしないといけないのでしょうか。

エージェント担当者もノルマがある

エージェントの仕事は、「採用したい企業」と「働きたい求職者」のマッチングです。

2者の間に立って、求職者について企業に売り込みます。

そして、見事採用まで行った求職者の数で、成果や報酬が決まります。

つまり見込みのある求職者を売り込んだ方が、採用率が高まり、エージェントは利益を得られ、担当者の評価も高まります。

『こんな求職者がいるので、御社にピッタリだと思います。一度面接されてみませんか?』

などと、企業側にアプローチします。

この時、たとえば、売り込む候補として2人の求職者がいた場合、

『Aさんは非常に愛想が悪く、印象良くなかったよな。。。そんな人をこの企業に紹介できないや。』

『Bさんは非常に好印象だった。この人なら大丈夫だろう。』

結果、Bさんだけが面接を受けられる。

そんなことも起こり得ます。

つまり、エージェントへの印象が悪いと、

・良い求人を紹介してもらえなくなる

・担当者に後回しにされる

などに繋がります。

エージェント担当者は何人もの求職者を抱えている

そして、担当者は企業に売り込めそうな求職者を常に確保しています。

何人もの求職者を抱え、

Cさんはあの企業へ、Dさんはあの企業へ売り込んでみよう。

Fさんはあの企業ダメだったが、この企業なら大丈夫かも。

のように、採用されるまで求職者をフォローし続ける業務も行っているのです。

そして、抱える求職者の数が少なかったら、リストをもとに「スカウトメール」を送り、新たな求職者を確保します。

このように、常にたくさんの求職者を抱えているため、「この人ならすぐに採用されそう」という人を優先してフォローしがちです。

面談は1回のみが多い

上記のとおり、エージェントもたくさんの求職者を抱えているため、基本的に面談は初回1回のみです。

オンラインなど含めて複数回行うエージェントもありますが、基本は1回のみと考えてよいでしょう。

その面談で、求職者の経歴や、希望職種、年収などの条件、現状の仕事、重要視する点等、情報を把握します。

そして、求職者の人となりを見ます。

ここで、「この人はとても素晴らしい人だ、転職を絶対に手助けしてあげたい。」

そう思わせたら、まずは勝ちでしょう。

担当者は本気であなたに合った求人を紹介し、企業にも本気で売り込んでくれるはずです。

ただ、この1回切りの面談で印象が良くないと、あまり力を入れてサポートしてもらえません。

最初で最後のこの面談で、良い印象を与えましょう。

良い印象を与える方法

  1. 挨拶と笑顔
  2. ハキハキとしゃべること
  3. 嘘をつかず誠実に話すこと
  4. 自分の希望をしっかり伝えること
  5. 面談のフィードバックをもらうこと

以上です。


結局は転職など関係なく、人として当たり前のことをしっかりやるだけです。

笑顔で挨拶して、ハキハキして、嘘をつかない。

こんな人を第一印象で嫌いになる人はいません。

そして、その上で自分の希望をしっかり伝えます。

優先順位をつける方法が良いです。別記事で書いていますので、ぜひ読んでみてください。

→良い転職先が見つからない!見つからない理由と見つける3ステップとは?

最後に、面談のフィードバックを聞きましょう。

「今日はありがとうございました。今後の面接に活かしたいのですが、私の話し方や印象などいかがでしたでしょうか。

フィードバックをもらえば、採用面接の前に、自分の悪い所を直せます。

また、エージェントに対しては、本気で転職活動に取り組んでいるアピールです。

意外と重要なので、転職エージェントとの面談でぜひ聞いてみてください。

転職エージェントの印象が良くない場合も

転職エージェントも人です。

相性などもあり、逆にあなたが良い印象を持たない可能性もあります。

そんなときは、他のエージェントを試してみましょう。

エージェント担当者にはどうしても当たり外れがあるので、複数登録しておくと良いです

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビAGENT

などの大手にとりあえず一気に登録しておけば、求人も比較検討でき、非常に効率的です。

担当者が合わないと感じたら、他のエージェントをメインにして転職活動すれば良いでしょう。

転職エージェントに良い印象を与えながら、ぜひ自分に合った転職活動を進めてください。

目次
閉じる