転職に不安な30代男性の気持ちとは?(実話あり)

30代の不安

20代と違って30代での転職は、不安がたくさんありますよね。

  • 転職先あるかな
  • 給料上がるかな
  • 新しい環境に馴染めるか
  • 今後のキャリアをどう描こう
  • 車や家のローンどうしよう
  • 転勤あるときついな
  • 家族に納得してもらえるかな


めちゃくちゃあると思います。

実際に、私も30代で転職しています。

別記事でも書いていますが、結婚と引越しを同時にしました。

→「結婚を決めた男が転職した実話!気をつけるべきポイントとは?」

私は勢いで転職したタチなのですが、実際、色んな不安がありました。

また、うまくいかなかった部分もあります。

今回はそんな私の経験を通して、30代男性が転職する場合に、どんな壁にぶちあたるか含め書きます。

30代男性の転職に際しての悩み、

その結論は、

①お金

②仕事のキャリア

③家族との時間

です。

ありきたりですが、この3つの悩みに集約されます。

ただ、個人的には、あまり深く考えずに決断した方が、楽だと考えています。

なお、今回も、私の経験を通して書いているので、主観たっぷりです。

『全然違うよ!』

と感じる方も、大きな器で読み進めてもらえたら嬉しいです。

目次

30代の最大の悩みはズバリ、「お金」

お金です。

20代の頃は自分のために使うお金がほとんどです。

たまに彼女や親にプレゼントを買ってあげる、などはあると思いますが、

基本的には「自分へのお金」だけです。

夜の街で遊ぶお金、漫画を買うお金、アプリゲームで課金するためのお金、自己投資の本を買うお金、

全て自分のために使うお金です。

これを100%自分の意志で決められる。

しかし、30代は違います。

「自分以外の人へのお金」が増えますよね。

まず、結婚していれば、収入の大半は家族のために使われる。

生活を維持していくために、仕方ありませんよね。

私も割り切ってそうしています。

もし独身だとしても、

・後輩や部下におごるお金

・遊ぶためのお金

・結婚を見据えた貯金のためのお金

などが掛かります。

30代は20代の時よりも、遊びも高額になりがちです。

たとえば、20代なら、弾丸格安海外旅行に行けても、30代だとちょっと贅沢したくなります。

出費が増えがちです。

なので、まずはお金をどうするか?

という悩みが出てきます。

30代の仕事・キャリアについて

自身のキャリアについて悩んだことありますよね?

私もいつも悩んでいます。

将来どうなるのか。

自分は何がしたいのか。

昔なら、簡単でした。

いわゆる終身雇用制度で、とにかく社内での出世を目指す。

その一点に集中していれば問題ない時代でした。

ですが、今はそれがリスクになります。

情報化社会になってから、変化のスピードが速くなり、会社がやっている事業が、急に時代遅れになってしまう可能性が高いからです。

一つのこと業界・業務しかやっていない人は、私は大変危険だと考えています。

自分が培ったスキルが活かせない世の中になったらどうしますか?

たとえば、

馬車が自動車に変わりました。

これにより、世の中で必要な技術はガラッと変わりました。

もちろん、

馬車を作る技術→自動車を創る技術が求められるようになった、

というのは当然で、

道路も、自動車用のアスファルトを敷く技術、素材、作業車の運転技術が求められるようになりました。

現代は、この変化がどんどん早くなっているのです。

たとえば、米国では、寝具を何十年間もトップで売ってきた企業が、創業5年未満のネット企業に取って代わられました。

情報化社会になり、世の中のニーズの広まりが早くなっています。

それにより、社会全体の変革も早くなっている。

そこに私たちも付いていかないと、仕事を失ってしまいます。

30代のキャリア。

転職が活発な時代、あなたの周りにも転職したという人はたくさんいると思います。

そして、業界や業種をまたいでの転職も多いのではないでしょうか。

私はそれが、一番リスクが少ないからだと思っています。

どういうことか。

たとえば、

野球のイチローさんみたいに、一つのことを極められる人は圧倒的に強いです。

あれだけ一つのことに没頭する姿は、人を惹きつけ、感動させます。

なので、徹底的な深堀りは、ビジネスにおいても絶対に必要です。

でも、同時にリスクも考えておくべきです。

仮にですが、野球という競技自体がこの世界から無くなってしまえば、どうなるでしょうか。

イチローさんがどれだけ素晴らしいスキルを持っていても、活かす場所自体が消えてしまいます。

スポーツの世界では、競技が消えることは、ほとんどないと思いますが、

ビジネスの世界では、普通にあります。

・馬車→自動車

・飛行船→飛行機

・石炭→石油

・ガラケー→スマホ

・現金→キャッシュレス

・単純業務→AI

すでに変化したもの、変化中のもの、これから変わっていくと予想されるもの。

本当にたくさんあります。

この大きなトレンドに乗る仕事をキャリアに組み入れる。

それが、あなたのスキルや経験を活かし続ける秘訣です。

30代の家族との過ごし方

あなたは家族とどう過ごされていますか?

毎日、家で一緒にご飯を食べていますか?

休みの日は一緒に出掛けていますか?

色んな過ごし方、関わり方があると思いますが、

「自分のために時間を使えない」

という悩みが出てきますよね?

私はいつもこれで悩んでいます。

私は結婚して、子どもがいます。

子どもを毎日お風呂に入れたり、ご飯を食べさせたり、遊んだり。

週末は車で出かけて、一日中一緒に居たり。

かなり時間を取られますよね。

本音は、もっと自分のために時間を使いたいと思っています。

でも、あんまり強く主張すると、奥さんに怒られますよね(笑)

家族って何なんだろうと、考えることもあります。

人に依るとは思いますが、

「自分のためにどれだけ時間を使いたいか」

を決めて、家族と話しておかないと、この悩みは非常に根深くなるでしょう。

30代男性が転職する際のポイント

「①お金」
「②キャリア」
「③家族との時間」

この3つのバランスを考えることがポイントです。

お金を重視するのか、
キャリアを重視するのか、
家族との時間を重視するのか、

全てを満たせる転職先なら、最高ですが、そんなにうまくはいきません。

転職してみた

私は実際に30代で転職しました。

なお、20代でも転職を経験しています。

新卒で入社した証券会社で働いていたときは、

・仕事のキャリア

について悩みました。

そして、転職しました。

→「大企業からベンチャーへ転職した私。その理由と感想(良い面、悪い面あり)」

に書いていますが、

この仕事は将来不要になるのではないか。。

そういう不安から転職しました。

実際、あれから何年も経っていますが、その仕事はまだなくなっていません。

ですが、確実に需要は減り続けていて、競合ネット企業が明確にシェアを伸ばしています。

この先おそらく、証券会社の対面営業の仕事は無くなり、ほぼすべてネット売買に取って代わられるでしょう。

そういう意味で、転職してほんとうによかったと思っています。

話が逸れました。

30代での転職。

私は、「お金」と「家族との時間」を優先しました。

家族との時間とは、つまり、残業が少ないところです。

下記記事にも書きましたが、

→残業・残業代の多い、少ないで変わった私の生活

残業が少ない生活は、本当に楽です。

私は望まない残業は悪だと考えています。

やりたい仕事があって、自ら残って仕事しているならOKです。

でも、やりたくないのに仕方なく残業している状態は、健全ではないです。

残業が少ない仕事にして、非常に生活はしやすくなりました。

状況にもよると思いますが、仕事の時間を減らすと、生活充実度が上がることもあります。

まとめ

30代は悩みがたくさん出てきますよね。

20代の頃はバカで良かったですが、30代になるとそうはいきません。

転職するのにも、ハードルが高く、勇気と決断力が必要です。

でも、悩みが多い分、楽しみも多いと私は考えています。

というか、そう考えた方が楽しいからです。

精神論になりますが、悩みの分だけ楽しみが増えると信じ、

転職によって、理想の生活を手に入れてください。

目次
閉じる