テレワークで共働きをうまく乗り切る方法とは?

夫婦仲良し

夫婦共働きで、二人ともテレワークという家庭も増えてきました。

我が家もそうです。
広い家に住んでいて、一人がリビングで、もう一人が別部屋で仕事、なら何とか乗り切れるかもしれません。

しかし、そんなスペースがない場合は過酷になりがちです。

特に仕事部屋を分けられない場合は苦労します。

今回は、共働きテレワークを乗り切る方法をご紹介いたします。

目次

共働きテレワークの困るシーン

二人ともオンライン会議

これが最も困ることでしょう。

オンライン会議では声を出す必要があるので、どうしても周りはうるさく感じてしまいます。

「お互いイヤホンすれば大丈夫じゃないの?」

いえ、イヤホンしてても声は入ってきます。

お互い会議中なので音楽を流すわけにもいきません。大変です。

我が家では二人ともオンライン会議するなら、私は車に逃げるようにしています。

というか、奥さんがオンライン会議するときは、いつも車に逃げます。

自分がオンライン会議をする場合も、車に逃げます。

人がオンライン会議していると、集中できないんですよね。

集中するタイミングが違う

人には集中するサイクルがあります。

60分集中して15分休憩の人もいれば、25分仕事して5分休憩の人もいます。

各タスク完了までは集中し続ける、という人もいるでしょう。

自分が集中タイム、相手がリラックスタイムの場合、相手がゴソゴソと動いたり、トイレに行ったりすると気が散って集中できません。

神経質な人なら尚更でしょう。

オフィスであればたくさんの人がいるので、一人一人の挙動は気になりませんが、狭い空間に2人きりだと、どうしても気になるんですよね。

話しかけてしまう

2人きりで1日中話しかけないことはほぼ不可能です。

別にお互いがリラックスしていれば良いのですが、仕事モードのときは困ります。

私も話しかけたり話しかけられたりしますが、なかなか仕事モードに戻れません。

雑談で時間が過ぎる

話しかけてしまうことにも繋がりますが、雑談が長くなることもあります。

子どもの保育園の話だったり、仕事の愚痴など。

時計を見て、
「もうこんな時間!?」

となったことは誰もがあるでしょう。

・昼食どうするか問題

出社しているときや、一人きりなら自由に食べる昼食。

二人でテレワークしてるなら、昼食をどうするか問題が発生します。

  • 家で作るのか?
  • 外食するのか?
  • 作るならどっちが作るのか?
  • 何を食べるのか?
  • 何時に食べるのか?
  • 一緒に食べるのか?
  • 洗い物はどうするのか?

些細なことかもしれませんが、毎日続くと厄介になります。

日によって会議の時間が異なるなら、12時に食べる日もあれば、13時に食べる日もあるでしょう。

二人とも同じスケジュールでは動けないので、都度調整が必要です。

ちなみに我が家は、

「各自自由」「作るときは二人分作った方が良いか聞く」

という緩いルールで動いています。

一人が家事を始めてしまう

家に長時間いると、なんとなく家事をしたくなりますよね?

片づけだったり、床掃除だったり、洗濯物だったり。

家事をしてる側は、していない側に対して、無言のプレッシャーをかけます。

「なんで片づけないの?掃除しないの?」

その無言のプレッシャーは重たい。

急かされているような気がして、仕事に集中できません。

夫婦の仲もギクシャクしてしまうので、工夫しないと大きな禍根を残します。

子どもが帰ってきたあと

子どもが保育園や幼稚園から帰ってきた後、

「どちらが面倒みるんだ問題」

が発生します。

二人とも仕事が終わっていない状態なら最悪。

子どもを放っておいても集中できません。片方が面倒みて、片方が仕事。

「奥さんが面倒みているから、自分は仕事に集中しよ。」

これは気を付けないと地雷になります。

仕事をしたいのは、二人とも同じ。

長時間やると、奥さんの不満は爆発するかもしれません。

乗り切る解決方法 

①集中する時間を相手に伝える

「今から2時間会議だから。」
「これから30分集中して資料作るから。」

夫婦間でのコミュニケーションは必須です。

自分の仕事の状態を伝えて、集中タイムを邪魔しないでくれオーラを出しましょう。

②デスクを別に用意してイヤホン

リビングの同じテーブルで二人が仕事。

我が家はそんな環境でした。気が散りすぎてしんどい。

そこで、小さな折り畳み式ちゃぶ台を使って、デスクを別にしました。

そしてイヤホンでシャットダウンです。

オンライン会議がなければ、これはなかなか効果があります。

③場所を変える

最高の解決方法です。

夫婦で共働きテレワークで、仕事に集中できないなら、二人別々の場所で仕事しましょう。

おすすめはカフェか車です。別記事で書いていますので、参考に読んでみてください。

共働きテレワークには楽しみもある

今まで毎日会社に行っていて、平日会話するのは、ドタバタの朝か疲れ切った夜しかない。

そんな生活もテレワークでは激変します。

仕事するうえで大変なこともありますが、楽しいことも多いです。

二人ともテレワークだからこそ新しくできることもあります。

我が家も試行錯誤中ですが、チャンスと捉えて、ぜひ、楽しく乗り切りましょう。

目次
閉じる