20代のうちに高い「仕事基準」を作るべし

20代のビジネスマン
目次

仕事基準とは?

あなたが仕事をするうえで、最低限守りたいと考えるルールです。

たとえば私の場合

・考える仕事は朝に集中してやる
・メールやチャットは出来る限り即返信
・やらない仕事を決める
・トラブルになったら、徹夜してでも全力で解決する
・仕事のために体力をつける、毎週運動する


などです。

なぜ、仕事基準が必要なのか?

仕事基準がないと、あなたの仕事はぶれぶれになります。

たとえば、

・メールの返信が遅い時早い時バラバラ
・前回はトラブル対応頑張ったのに、今回は放置

だと、周りの人が不信感を抱きます。

これがポイントです。

仕事基準を作るということは、自分が質の高い、効率のよい仕事をするだけでなく、周りの人の信用にもつながるのです。

自分のためにも、周りの人のためにも、あなた自身の仕事基準を作りましょう。

仕事基準が高い場合と低い場合の違い

仕事基準が高い
仕事基準が低い
  • 安定した成果を出せる
  • 周りからの信頼が厚くなる
  • 感情もコントロールできるようになる
  • 成果がバラバラ
  • 周りから不信感を抱かれる
  • 感情に流されやすくなる

出来る限り、高い仕事基準を作りましょう。

どうやって仕事基準を作るか

・仕事での失敗や成功経験

仕事を通して、失敗や成功の経験を積んだ。

その経験から、こうすれば失敗する、うまくいく、などが分かってくると思います。

たとえば、

・いつも朝9時頃からクライアントから問い合わせが増える。
→朝8時に出社して、予め準備しよう。


⇒うまくいった。早朝から仕事することがトラブル回避にもつながる。

このような一つ一つの対策が気づきとなり、あなたに蓄積されます。

これを自分のルールにすれば良いのです。

私が早朝に集中して仕事をしようと思ったのも、朝早いクライアントからの連絡がきっかけでした。

・本などで得た知識を試す

ビジネス本、読みますか?

内容が薄っぺらいものも多いので、別に何十冊も読む必要はないですが、そこにはビジネスのテクニックが書かれています。

たとえば、

・来た仕事をやるかやらないかは、「2分以内に処理できるか」で決める

などです。

本を読んで、これは良いな、と思ったことは即実行してみてください。

実際、試してみて自分に合っていると感じたなら、自分の仕事基準にしてしまえばよいのです。

本は知識の宝庫なので、あなたに合った方法が必ず見つかります。

・尊敬する上司や先輩をまねる

職場に尊敬する上司や先輩がいれば、ラッキーです。

好きではないが、めちゃくちゃ実績を出している人でもOKです。

その人をまずはじっくり観察してみてください。

・お客さんとどんな風に電話しているのか?
・どんなメールを送っているのか?
・何時から活動開始しているのか?
・休憩は取っているのか?
・社内の誰とつながりがあるのか?
・PCの情報整理はどのようにやっているのか?
・持っている小物は何か?
・歩くスピードは速いか?

よく観察してみると、細かな部分でも気づきが得られるはずです。

そこから、良いと思う行動を真似てみてください。

それがあなたの仕事基準になります。

究極的には思考まで真似すれば、その人の行動の意味も分かってくると思います。

高い仕事基準を作りやすい職場環境は?

・他の人も仕事基準が高い

先ほどの上司や先輩の話にもつながりますが、新卒で入社して、まだ仕事経験の浅い20代では、なかなか仕事基準が作れません。

その場合、やはり他の人を見習うことが近道です。

同僚が高い仕事基準で働いて入れば、自然と自分も高い仕事基準が身に付きます。

なぜなら、自分だけ仕事基準が低いと、周りと連携した仕事が回らなくなるからです。

たとえば、

「これ1週間後までに仕上げておいて」

という依頼に対して、一週間後に

「出来ました」

ではだめです。おそらくトラブルになります。

1日後に、

「こんな形で作ってますが、良いでしょうか?」

という仮アウトプットですり合わせしないと、修正がききませんよね。

依頼した側もそれが当たり前と思って行動しています。

こういう細かな部分で齟齬が出てくるので、高い仕事基準を持った人が周りにいれば、あなたも自然とレベルアップするでしょう。

・仕事量が多い

仕事量が多いと、効率を考えざるを得なくなります。

「今のままだと回らない!何とかしないと!!」

という状況です。

人間、追い込まれると工夫したり、集中力を発揮したりします。

・「この案件はやらない」
・「これは朝一で一気に処理する」
・「アポ断ってメールで済ます」
・「社内会議は欠席して議事録だけもらう」

など、色んなバリエーションが出てくるでしょう。

これで、あなたの新しい仕事基準が出来上がります。

仕事量が多い職場は大変ですが、あなたを成長させる場としては、非常に魅力的です。

ベンチャー企業も仕事量が多いことで有名ですが、別記事でも書いていますので、参考までに読んでみてください。

→何故ベンチャーで働くと成長するのか?経験者から見た5つの理由!

仕事基準を作るなら早い方が良い

もし、今の職場に満足しておらず、より高次の挑戦をしたいなら転職も視野に入れましょう。

今の職場とは全く違った、新しい人、風があなたに大きな刺激を与えてくれます。

→年収ダウンの転職でも幸せか?【650万円→360万円】になった実話

ちなみに、私は3回転職していますが、リクルートエージェント、Doda、マイナビAGENTなどの大手に無料登録して情報収集していました。

ぜひ、あなたも試してみてください。

目次
閉じる