仕事に本気になれないと、少しずつ廃人になるけど大丈夫?

本気で仕事
  • 仕事が面白くない
  • 自分のやりたい仕事と違う
  • もっと面白い仕事与えてくれたら頑張れる
  • 自分の能力を活かせない会社はバカだ

仕事が面白くなくて、本気になれていない。それは分かっている。

本気で仕事したら、もっと結果も残せるのに。

私も全く同じことを何年も思っていました。そして、廃人になっていました。

今回は、私と同じように、仕事に対して本気になれない方に向けて書きます。

それがどれだけのリスクなのか、どうすれば解決するのか、

私の経験を通して書くので、少しでもヒントになれば嬉しいです。

結論は「仕事は本気でやった方が楽しい」です。


なお、私は典型的に仕事に対してやる気のない人間でした。

自分ではその自覚はなかったのですが、
出来ない理由を考え、愚痴ばかり言っていました。

周りからみたら、グダグダ言っているクズです。

そんな状態で成果が出るわけもなく、年齢だけが積み重なっていく。

どんどん後輩にも抜かれていき、上司からは怒られるばかり。

全然仕事が楽しくない。

そんな毎日でした。

実際その期間が計7年くらい続いたと思います。

はっきり言いましょう。

私は周りを見下していました。

「ポテンシャルは圧倒的に俺の方がすごいぞ。」
「俺ならもっと上手くやれる。」
「そんなことも知らないの?」

声に出さずに心の中で、そんなことを考えていました。

今思えば、めちゃくちゃダサいです。

何も行動せず、自分の中で人を見下しているアホです。

成果が出ないので、より卑屈になっていき、
廃人に近づいてきました。

何を言われても、否定から入る。

「でも・・・」が口癖。

たぶん、一生懸命に仕事をしていた人に
劣等感を感じていたんだと思います。

「いつか自分は出来るはず」

そう思いながら過ごしていました。

つらい毎日です。

そして、その「いつか」は、いつになっても来ませんでした。

自分の考えを改めて行動するまでは。

目次

「仕事に本気になれない」は言い訳

厳しいようですが、これが現実です。

本気になるならないは、あなた次第です。

同じ環境で同じような仕事をしていて、

本気でやっている人、本気でやっていない人がいるなら、

仕事ではなく、働いている人がキーポイントです。

たとえば、あなたの周りに

『俺、仕事に本気になれないんですよね』

と言っている後輩がいたら、どう思いますか?

とりあえず、頭叩いときましょうか。

おそらく「それは、本気になれないんじゃなくて、お前がならないだけだろ

そう感じますよね?

もしあなたが、周りにそのようなことを言ってるのなら、

周りの人も同じように感じているはずです。

→仕事にやりがいがない!!このままで大丈夫?

私なんて、ほぼ毎日言葉を変えて、いかに仕事を好きになれないか力説していました。(笑)

個人面談でも何回も上司に言ってました。

・仕事で全力出せないです。
・仕事面白くないです。
・数字嫌いです。
・この仕事向いてないです。
・仕事する意義が分からないです。

もはや言い訳の四次元ポケットでした。

私はこうやって言い訳して逃げ続けていました。今思えば情けないです。

本当によくこんな話を、上司は真正面から聞いてくれたと思います。

なお、もちろんですが、
自分の想いと仕事との相性はあります。

例えば、デザイナーの人に、

「明日から毎日営業職として頑張って」

と言っても、なかなか気持ちよく仕事はしてくれないでしょう。

慣れない仕事ですし、『何で自分が・・』みたいな

気持ちになると思います。

でも、受け入れることはできるはずです。

『もしかしたら営業も面白いかもしれないし、とりあえず頑張ってみるか』

それだけで、仕事から逃げずに本気になれます。

なので、

・本気になれない=自分の言い訳

ということを苦しいですが、まず認識してみてください。

仕事に本気にならないと廃人になる

本気にならないことに、どんなリスクがあるのでしょうか。

それは負のスパイラルに突入して、廃人になることです。

【負のスパイラル】
・仕事で本気になれない

・成果が出ない

・仕事が楽しく感じられない

・毎日がつらくなる

・仕事へのやる気をどんどん失う

・成果が更に出ない

・仕事への自信が持てない

・仕事が楽しく感じられない

というスパイラルです。

この間にも、 仕事を頑張っている同僚は、どんどん成果を出していくでしょう。

自分との差が開いて、さらに絶望するようになります。

これが廃人への道です。

これが続くと、世の中を斜めから見る、

性格の曲がった卑屈な人間になっていく可能性があります。

かつての私がそうでしたので。

やる気が起こる順番

「そうは言っても、もとからやる気ないんだから、仕方ないでしょ!」

そんな声もあるかもしれません。

ですが、

やる気がある人が仕事をしている

そう思ってないですか?

私もそう思っていました。
でも、実際は違いました。


×:やる気がある→仕事する→成果出る

○:一生懸命仕事する→やる気が出てくる→成果出る→楽しくなる→情熱湧いてくる→もっと成果出る

でした。

つまり、仕事をやり始めるときは、実はみんなそんなにやる気ありません。一生懸命やるからこそ出てくるのです。

まれに、この仕事やりたかったんだ!!

という情熱溢れる人もいますが、あなたの周りを見ても、少数派ですよね?

普通のサラリーマンは最初そこまで仕事にやる気ありません。

与えられた仕事を一生懸命やっていくうちに、やる気が出てきただけです。

なので、キーは「まず一生懸命仕事をすること」です。

仕事に本気になる⑤ステップ

step1,全ては自分が悪いと認める

すべてはここからです。まずは今の自分の状況を作ったのは自分、と認めましょう。
他の誰かや会社の責任ではないです。自分の責任です。
これさえできれば、あなたは大きく変わります。

step2,うるさい口を一度閉じる


⇒今まで散々、本気になれない言い訳を放ってきた、そのうるさい口を閉じましょう。
言い訳を言って得することは一つもありません

step3,騙されたと思って目の前の仕事を本気でやってみる


私に騙されたと思って、本気で仕事してみてください。
本気とは、「本当に全力でやったか?他にできることはないか?」を自分に問いかけて、答えがyesとなるかどうかです。

step4,期限を決めてやってみる


⇒今まで言い訳していた人間なので、ずっと本気になるのはしんどいです。
期限を決めることで、「あと2週間だけ頑張ろう!」などと思えます。
私の場合は上の人と話して「2か月だけ本気でやろう」と決めました。

step5,「出来る」と言い続ける

⇒人間の脳は意外に単純なので、口で出来ると言い続けると、本当に出来ると思い込みます。
すると、自信が湧いてきて、アイデアも浮かび、仕事が出来るようになります。
これは本当です。なので、難しそうな仕事でも「出来る」と言い続けてください。

それでも本気になれなかったら

転職して、次の職場にいきましょう。

私が使っていたdodaという転職エージェントに登録してみてください。
良いアドバイスと求人を紹介してくれるでしょう。
とりあえず登録しておいて損はないです。

本気になれない、今の職場にとどまり続けるのは、廃人への道なので。

ですが、繰り返して言うと
「面白い仕事が来て本気出せば、皆も驚く成果が出せる。」

と考えるのは、典型的な出来ない人です

かつての私です。

仕事を本気でやっていない人に面白い仕事は振られません。

転職しても、自分が好きな仕事ができるかは未知数なので、

どんな仕事がきても、まずは目の前の仕事を本気でやってみてください。

そうすれば必ず仕事が楽しくなります。

やる気よりも、一生懸命に仕事することが先!

これを肝に銘じて、ぜひ仕事を楽しんでください。

目次
閉じる