新しい職場で自己紹介MTGしたら、人間関係が円滑になった!

ホワイトボード

転職・異動で新しい職場で働くことになった。

周りは全然知らない人ばかり。どうすれば馴染めるか。

慣れない人との人間関係がしんどい。

そんなときは思い切って

「私の自己紹介したいので、MTGの時間ください」

と言ってみましょう。

はぁ?

と思うかもしれませんが、効果あります。

そして、同僚の方も興味を持って参加してくれます。

実際、私がおこなったときも、みなさん時間作って参加してくれました。

今回はそんな私の経験をもとに、自己紹介MTGについて書いていきたいと思います。

目次

人間関係に悩むのは当たり前

人間は社会的な欲求を満たしながら生きている生き物です。

社会的なつなが=人とのつながり、を常に求めるので、人間関係で悩んでいない人なんていません。

親、恋人、妻、夫、友達、上司、同僚、後輩、元カノ、元カレ、SNS、

絶対に誰かと繋がっていて、程度の大小あっても悩んでいます。

「みんな悩んでいるんだ」それを認識しましょう。

それだけで、心は軽くなります。

まずは自分を知ってもらうこと

良い人間関係は自己開示から

知らない人のことは警戒しますよね?

どんな人か分からないから、怖い。何を話そうか迷う。

それは相手も同じ。

よく知らない人でも、警戒せずガンガン話せる人はいますが、レアケースです。

まずは自分を知ってもらうことから始めましょう。

自分を知ってもらえれば、相手の警戒心が解け、相手のことも知りやすくなります。

同僚はあなたに興味がある

あなたの職場に新しい人が入ってきたら、どんな人かに気になりますよね?

それと同じで、同僚も新しく入ったあなたに興味があります。

「でも、全然話しかけてくれない・・・。」

それは、あなたのことを良く知らないから、警戒しているのです。

よく知らない人に、何て話しかければよいのか分からないですよね。

でも、興味津々なのは間違いありません。

それを頭に入れておきましょう。

自己紹介MTG

実際に私が新しい職場でやったことをご紹介します。

ちなみに、転職で新しい職場にきて2か月目くらいにやりました。

MTG形式でやることで、自慢にならずに、相手に自分の情報を伝えることができます。

→過去の栄光をいつまでも自慢してくる人への対処法とは?

目的

自己紹介MTGを行うにあたり、

・社内の人たちともっと気軽に話せるようになる
・経歴を知ってもらうことで、社内から仕事の依頼が来るようにする

上記2つを目的としました。

職場であまり会話ができていなかったので、自分の生い立ちや過去の職歴などを伝えることで、まずは会話を増やす。

そして、今までやってきたことを伝えて、たとえば

「webのこと相談に乗ってもらえるかも」

と思ってもらえれば、自分に依頼が来る。次につながる。

そう考えて、自己紹介MTGをすることにしました。

段取り

「自分の今までの経歴などを知ってもらって、もっと社内との交流を増やしたい」

そういう主旨を上司に伝え、社内で自己紹介MTGをする許可を取りました。

そのうえで、

googleカレンダーを利用して、普段ほとんど話さない人を中心に、自己紹介MTGへの参加招待。

結果は全員承諾して、10人程度参加してくれました。

具体的な内容

自己紹介でやった内容を抜粋すると

・自分の生い立ち

・今まで住んでいた地域

・職歴

・笑い(苦手なことなどの紹介)

・質問タイム

です。

参加者が面白いと思ってもらえるよう、ホワイトボードに書きながら話しました。

時間にして約1時間。

成果

参加者からは、質問もたくさん出て、非常に満足いくかたちでMTGは終えられました。

その後。

自己紹介をしてからは、私のことを知って警戒心がなくなったのか、話しかけてもらえることが多くなりました。

自己紹介をしてからは、私のことを知って警戒心がなくなったのか、話しかけてもらえることが多くなりました。

そして、相手もプライベートなことを含め話してくれるように。

ランチを一緒に食べたり、仕事の相談などもいただくようになりました。

純粋に打ち解けられた気がします。

自己紹介MTGをやってなかったら、一人で職場の片隅で、ひたすらPCカチャカチャしてたと感じています。

リーダーも積極的に自己開示

自己紹介MTGをしようと考えたきっかけは、以前、金融機関で働いていたときの支店長がやっていたからです。

その方は異動で赴任してきて、その日に自己紹介MTGをしていました。

支店の人間全員(数十名)を集め、

・家族構成
・会社での経歴
・どういう支店にしたいか
・期待していること
・仕事で大切にしていること

など、自分のことと自分の想いを全員に伝えていました。

そのときは、「この人面白いな」くらいにしか私は思っていません。

しかし、数年後、別の会社で自己開示についてセミナーを受けた際に

「あの人もしかして自己開示してたのか!?」

と、繋がりました。

ちなみに、その方は優秀なリーダーで、その後もどんどん出世されています。

人間関係は自分と相手を知れば、解決できる

相手のことを良く知らないから、話しかけづらい。

相手のことを良く知らなかったから、齟齬がおきた。揉めた。

ということは誰でもあります。

その場合、相手も自分のことをよく知らないでしょう。

まずは自分を知ってもらい、相手のことを知る。

新しい職場では、誰もあなたのことをよく知りません。

まずは思い切って自分のことを知ってもらう場、自己紹介MTGの場を作ってみる。

早く円滑に物事が進むようになります。

今は人間関係で悩んでいるが、自己紹介くらいならできそうだと思う方は、ぜひやってみてください。

目次
閉じる