「給料が上がらないから、仕事辞めます。」そこからが勝負です。

給料を上げる

・成果出したのに、全く給料が上がらない
・年功序列で働かないオジサン高給取りばかり
・景気が悪くて、減給になりそう
・入社してから、給料がずっと一緒

何で給料上がらないの!?

お金は生活に直結するから、いつも悩みますよね。

もっと条件の良い仕事を探すべきなのか。

今の会社でもう少し頑張るべきなのか。

私の実体験を踏まえながら、今回は書きます。

結論としては、

「辞めてもいいが、転職した後、全力で仕事しよう」

です。

私自身、3回転職を経験しているので、仕事を辞めること自体はポジティブです。

今の時代、複数の世界を知っておいた方が、世の中が変化したときに、素早く対応できると考えています。

ですが、めちゃくちゃ全力で働くことが前提です。

「給料が上がらないから、とりあえず転職だ」

と思っている方は、この記事を、一度立ち止まって考えるきっかけにしてみてください。

目次

給料が上がらない理由

給料が上がらない原因は、どこにありますか?

自分が成果を出していないから

私はこれでした。

自分が成果出していないなら、給料が上がるわけないです。

私自身、全く成果を出せなくて、愚痴ばかり言っているクソ野郎でした。

成果を出さなさ過ぎて、減給になったこともあります。

→【給料下がった!】仕事が出来なさ過ぎて基本給2万円減額された話

→「営業の仕事が本気で辛い!具体的な35の悩みとその解決策」

年齢が上がれば、在職年数が長ければ給料が上がる。

いわゆる「年功序列の時代」は終わりました。

大企業では、まだ続いているところもありますが、新しい企業ほど、成果報酬の体系が多いです。

これって、会社側からすると本来は当たり前の話ですよね。

仕事で成果を出したから、その分の報酬として、給料を支払う。

逆に、成果を出してないなら、何のためのお金?

となります。

成果というのは、営業の契約件数などの分かりやすいものだけでなく、

たとえば、

アパレル店での接客や、ドラックストアでの品出し作業など、計測しづらくても、会社の事業に貢献していること全般です。

今いる会社で給料を上げるには、まずは『成果を出すこと』、これが必須です。

「それは分かるけど、そんな簡単に成果なんて出せないよ」

もちろん成果を出すのは大変ですよね。

私自身、本当につらかったので、 

「成果なんて出えへん!無理!!」

とずっと思ってました。

というか口に出して愚痴っていました。

でも、成果を出さなかったら給料は上がりませんでした。

苦しいですが、逃げずに成果を出すことに集中してみてください。

景気が悪い

経済に好景気、不景気はあります。

数年のサイクルで入れ替わっていて、景気が悪いときは、給料も上がりづらいです。

それは間違いないです。

いつもより頑張っても、いつもより給料やボーナスは増えないでしょう。

そんな時は、自分の牙を磨いておくか、景気の良い業界に移るかしかないです。

ですが、景気は常に変動するので、儲かっている業界もころころ変わります。

私としては、自分の牙を磨いておくことをオススメします。

会社の上層部が利益を独占している

会社が儲かっているのに、給料が安いのはおかしい!!

会社の上層部の給料がやたら高い会社は、年功序列の会社が多いです。

いわゆる『働かないおじさん』が多い会社ですね。

全く納得できませんよね。

「なんで何もしていない人が、自分の倍くらいの給料もらってんだ?」

疑問しか湧いてこないと思います。

そういう会社に、

「おかしいです!!」

と言っても、何も変わりません。

だって上層部はお金もらってる側だから、変える理由がないですよね。

もしあなたが、必死に働いている人なら、さっさと転職しましょう。

残業代が出ない

どれだけ残業しても月々の給料が増えない。

それはつらいですね。

私も1社目を除いて、残業代がずっとない生活です。

別記事で書いてますので、参考までに読んでみてください。

→「残業・残業代の多い、少ないで変わった私の生活」

そもそも働き手が多い仕事

その仕事の給料には、雇う側の需要と、働き手の供給が影響します。

何それ?

たとえば、

同じ仕事ができる人が多いと、少ない給料でも、人を集めることができます。

逆に、この人しかこの仕事はできない(希少性が高い)、となれば、その人に高い給料を払う価値が出てきます。

今、あなたがやっている仕事は、働き手が多いですか?

もしそうなら、違う業界や職種に移らないと、業界全体が変わらない限り、いつまでも給料は上がらないでしょう。

給料が安い!私も味わった待ち受ける未来と、打開策とは?

給料を上げて、どうしたいの?

給料が上がらないから、苦しい。

そうですよね。。

私も東京にいたときは大変でした。

残業代ゼロの中で徹夜続きで、何のために生きているのか、

そこまで考えてしまうこともありました。

今でも生活は大変ですが。

だから、「とにかく、給料を上げたい。」

その気持ちはとても良く分かります。

じゃあ、あなたは給料を上げて、具体的にどうなりたいですか?

何をしたいですか?

ここがイメージできていないと、なかなか良い結果は出ません。

たとえば、

  • いつもの安い肉でなく、月1回は本格ステーキを食べたい
  • 車を買って、ノリの良い音楽をかけながら、青空の下ドライブしたい。
  • 週末だけでも海外旅行に行って、異国文化を味わいたい

など、何でもいいです。

とにかく、給料が上がったらやりたいこと、なりたい状態を具体的に、細かく思い描いてください。

ちなみに私は給料を上げて、

・良い靴を買いたい
・海外でカジノをしたい

ということを、考えていたこともあります。

そんなもんでいいです。

給料を上げて、具体的にこれがしたいんだ、というものをイメージしてください。

それだけで、ゴールが明確になり、モチベーションも行動も変わってきます。

給料を上げるには?

交渉する

難易度☆☆☆

個人面談で正直にお願いしてみましょう。

「そんな話したら、怒られるだけだよ」

怖い上司が相手なら、そう思うかもしれません。

でも、本当にそうでしょうか。

意外に話を聞いてくれる人も多いです。

実際に私も、1対1で、色んな話をさせてもらいました。

もう、クソみたいなことも言いました。

自分は全く成果を出していないのに、

「会社の方針が分からないです。何がしたいんですか?」

というような話をして、噛み付いたこともあります。

でも、真正面で受け止めて話を聞いてくれました。

給料の交渉なんて、ほとんどの日本のサラリーマンはやったことないと思います。

ですが、やってみる価値はあります。

難易度が高いのは、自分が成果を出していない時です。

ハッキリ言って、成果を出していないと、給料アップをお願いしても、通らないことがほとんどでしょう。

成果を出す

難易度☆☆

成果を出せば給料が上がる可能性は高いですよね。

むしろ、これで上がらなければ、どうやったら上がるんだというレベルです。

でも、

『簡単に成果を出せたら、誰も苦労しない』

ですよね。。

安心してください。

スーパーマンは世の中にほとんどいません。

ほぼ全ての人が一般人です。

成果を出すのに誰もが苦労しています。

簡単に成果を出せると考えるから、しんどいのです。

成果は簡単には上がらない。

苦労して苦労して初めて出るものだ。

最初からそう思えれば大丈夫です。

そして、そう思えなかった、私のようなマジでグチグチ言っていただけの奴もいます。

特に自分は壁にブチ当たらずに、人のせいにして、ブーブー外野から言ってるだけ。

本当は分かってるのに、自分の未熟さをプライドで隠して、

「仕事飽きた」
「面白くない」
「もっと他の良い仕事ないかな」

と言ってるだけのクソ野郎。

そんなクソ野郎から見れば、成果を出せなくて悩んでいる人はヒーローです。

だから大丈夫です。

自分を信じて、成果を出して、給料を上げて、生活を変えましょう。

転職

難易度☆

一番手っ取り早いのが、働き先を変えることです。

給料交渉することや、成果を上げることと一番違うのは、

「給料の上がる幅が大きい」

ことです。

給料交渉して、年収がいきなり100万円上がることはほぼありません。

成果を出して、ボーナスが増えることはあっても、給料が大きく増えることも、ほぼありません。

何故なら、会社は組織なので、同じ職位の人は、ある程度給料レンジ(給料の幅)が決まっているからです。

大きく昇進すれば、給料が大きく上がることもありますが、あなたの職場で、そんなことは起こりそうにないですよね。

でも、転職は違います。

給料が下がる転職もあります。

一方で、100万円以上年収が上がる転職もあります。

給料交渉も転職時なら容易です。

100万円上乗せの交渉をしても、通る可能性はあります。

・今、頑張って仕事しているのに、給料が上がらない
・毎月の給料を上げたい

そう思っている方は、まず何をすべきか。

・自分の転職市場での価値を知る

です。

自分がやりたい仕事は、いくらくらいの給料がもらえるのか。

自分の年齢や職歴なら、どんな仕事に就けるのか。

しっかり把握していますか??

知らずに、夢想しているだけでは、現実は動きません。

やるべきことは、

・職務経歴書を書く
・転職エージェントに聞く


です。

職務経歴書を書けば、自分の仕事のたな卸しができます。

どんなに小さなことでも良いので、工夫して成し遂げたことを洗い出しておきましょう。

たとえば、

「パワーポイントのテンプレートを作成し、チーム全体の作業効率を上げた。」

などで良いです。

キラキラした実績なんか無くて大丈夫です。

そして、同時に転職エージェントに登録して、

・転職市場はどうなっているのか、
・自分はどんな仕事に就けるのか、

聞いてみてください。

その際に自分の強み・弱みを相談することもできます。

もしかしたら、

『転職しないで今の職場で頑張る

が最善の可能性もあります。

それを確かめるためにも、一度話を聞いてみてください。

私は面白い求人も多く、相談しやすかったdodaを使っていましたが、自分が合うと思うところならOKです。

基本的に費用無料なので、登録しておいて損はないでしょう。

仕事辞める前に、考えてほしいこと

色々と書きましたが、

仕事辞めて、違う職場で頑張る覚悟は出来ていますか?

偉そうに聞こえるかもしれませんが、それが全てです。

たとえ次の職場がものすごく給料が高くて、仕事が楽でも、目の前の仕事を頑張らないと、腐っていきますよ?

プライベートを重視したい、というのでも構いません。

でも、仕事を軽く見るのは止めましょう。

いつその仕事が無くなるか分からないですよ?

真剣に仕事をしてなかったら、どんなスキルと実績とメンタルが残りますか?

もう次の仕事に就けなくなり、転職できなくなります。

プライベート含めて崩壊してしまいます。


「自分は副業やるから別にいいんだ。」

それでも全然いいです。

ですが、副業には全力で取り組んでください。

とにかくどんな仕事に就こうと、全力でやると決めてから、今の仕事を辞めるようにしてください。

中途半端な気持ちで、今の職場を離れると、次も痛い目を見ます。

何故こんなことを言うのか?

それは私がその経験をしてきたからです。

転職しても人間は変わりません。

私は仕事から逃げてきた人間です。

嫌な営業の仕事から、言い訳をし続けて逃げてきた人間です。

サボってきた人間は、心を入れ替えないと、転職してもサボります。

仕事に真剣に取り組まない人が、成果を出せるわけがありません。

どんなときに人間は変わるか?

私は、

「全ての事柄を自己責任として捉えるようになり、仕事で追い込まれ、覚悟を決めた時」

だと考えています。

給料が上がらないから、仕事辞める。

大変な状況だと思いますが、それは前に進むチャンスです。

ぜひ、自分を見直すきっかけとして、前に進んでみてください。

目次
閉じる