給料が安い!私も味わった待ち受ける未来と、打開策とは?

給料が安い
  • こんなに働いてるのに、給料が安い
  • 全然貯金できない
  • 同級生はもっと稼いでいる
  • いや、ふざけんよマジで

この世界にぶちまけたい、抑えきれない気持ち。

飾らずに、

クソ野郎!!と叫びたい。

私もありました。

残業代出ないのに、徹夜続きの毎日です。

給料が少ないと、生活にモロ影響します。

苦しい。つらい。

貯金できない。

遊ぶ余裕ない。

精神的にもしんどい。

どうしたらいいんだ。。

苦悩の連続です。

ただ、先に言っておくと、「給料が安い=悪い状態」とは限りません。

予め給料が安いことを知っていて、それでも、意思と覚悟を持って自分で選んだ仕事なら、満足度は高くなるでしょう。

また、心から楽しめる仕事なら、お金以上に得られるものがあります。

でも、、、

給料は高い方が良いに決まってる!!!

綺麗ごとより金をよこせ!!

今回は、給料が安いことに多大なる不満を持つ方に向けて、待ち受ける未来とその打開策について、書きます。

ぜひこの記事を読んで、今の苦しい状況を乗り越える方法を見つけ、自分の未来をこじ開けてください。

目次

あなたの給料と世代の平均は関係ない

テレビでもネットでもツイッターでも、よく見かける、

世代別、都道府県の平均年収。

これに一喜一憂したことありませんか?

20代男性なら○○○万円、30代女性なら○○○万円、

東京都なら○○○万円、大阪府なら○○○万円、

国や自治体にとっては重要な数字です。

ですが、あなたにとっては何の関係もありません。

平均が分かったところで、

「だから何?」
です。

平均は平均、それだけです。

今のあなたの給料が、

平均より高くて優越感を感じる、

平均より低くて悔しさを覚える、

それはあるかもしれません。

でも、やっぱり

「だから何?」
です。

あなたはあなたの給料を上げることに、全力を注ぐだけです。

テレビやネットを眺めているだけでは、給料は上がりません。

なので、よく見る平均の話は無視して、今自分が出来ることを考えましょう。

給料が安い状態が続いた未来は?

先に、今の状態が続いたらどうなるのか、

を私の経験を含めお伝えします。

この記事の冒頭でも書きましたが、一時的なら、給料が安い状態で働くことは問題ないと思います。

仕事に集中して自分を鍛える期間、と思えれば大丈夫です。

ただ、この状態が長く続くと大変です。

つらい未来が待っています。

未来1:ゾンビになる

ゾンビ。

ゾンビへのルートは、

給料少ない

生活ギリギリ

節約

ストレス溜まる

体と心壊す

給料さらに下がる

節約 ※以下ループ

です。


生きてるのか分からないけど、動いている状態。

これはまずい。

下手したら、人生の幕を閉じてしまいます。

ゾンビになりそう、と感じたら、まずは休んでください。

休む際のポイントを別記事に書いていますので、参考までに。

⇒仕事に疲れたら、「極端に休む」のが最善な理由とは?

ゾンビになる未来は、絶対に避けないといけません。

未来2:同級生や後輩におごってもらう

別にいいでしょ?

そう思う方はスルーしてください。

男性はブライドが高い人が多いため、同級生・もしくは後輩におごってもらうなんて、絶対嫌でしょう。

実際、私も経験あります。

おごられた方で。

もう何て言うんでしょうね。。

ありがとう、と言ってるのですが、心は泣いていました。

自分が情けなくなって。

悔しくて。

恥ずかしくて。

申し訳なくて。

お金がない自分が惨めで。

それ以来、おごられるのは絶対に止めようと決めました。

給料が安い状態が続くと、こんな辛い未来になる可能性は十分にあります。

打開策

仕事を頑張って給与交渉をする

給与交渉は意外に有効です。

そのために、まずは目の前の仕事を頑張ります。

そして、成果を出します。

普段から、給料上げてほしいアピールをしておきます。

面談の席を作って、給料の交渉です。

でも、

ただ「上げてほしい」はダメです。

「○万円上げてほしい!」が必須です。

いくら上げてほしいのか、を決めておいて、

「これだけ頑張ったのだから上げて」

と交渉してみましょう。

それでも理由をつけて拒否されるなら、さっさと転職した方が早いです。

副業する

本気出せば、アルバイトでも稼げますよね。

今ならクラウドソーシングで記事を書いたり、お墓参り代行したり、選択肢は非常に多いです。

あなたが手をつけやすいところからで良いので、スタートしてみてください。

世界が広がって、お金も得られて、一石二鳥です。

ただし、本業にバンバン影響が出るので、ほどほどに。

支出を削る

一番手っ取り早いです。

  • 飲み会減らす
  • 格安SIMにする
  • 洋服買わない
  • 自炊する

いくつかの方法があります。

ただし、やりすぎると体に毒です。

ストレス溜まってゾンビになります。

自分の気分が落ち込むようなら、削らずに残しましょう。

転職する

現実的ですね。

一度も転職したことない人は、ハードル高く感じるかもしれません。

でも、どちらかというと辞める方が大変です。

辞める勇気ありますか?

退職代行などが、仕事として成立する時代です。

転職活動は、私がいつも使っていたdodaなどを使えば、

自分の強み弱みをうまく整理でき、給料の高い仕事への転職も可能でしょう。

でも、退職はあなたが勇気を出して、伝えるしかありません。

私は代行サービス反対派です。

今の世の中、いつまた同僚や上司と繋がるかも分からないので、

円満退職しておくに越したことはないからです。

本気になったら、勇気を振り絞って退職の意向を伝えてみてください。

ちなみに、2か月前には伝えておいた方が良いですよ。

会社側の準備もありますので。

結婚する

お金なくても、人柄が良かったり、家事が出来たりで、結婚できる人は居ます。

結婚すると何が良いか。

共働きなら収入が2つになって、支出は減らせる。

お金に関しては圧倒的にプラスです。

ただし、

・指輪買う
・結婚式挙げる
・子ども作る

などすると、お金が掛かって仕方ないので、

そこは二人で話し合う必要はありますが。。

給与が高い生活とは?

私もお金があった時期がありました。

お金があると当然、生活に余裕が出ます。

たとえば、

・ラスベガスで数十万円使って豪遊
・日帰りの飲み会に行くために、自腹で新幹線往復
・家から自転車で5分の距離をタクシー通勤(二日酔い時)

などをしたりしていました。

時間をお金で買う感覚です。

遊んでいる時は、非常に楽しく過ごせました。

ただし、残業を増やして給料を高める生活はオススメしません。

⇒「残業・残業代の多い、少ないで変わった私の生活」

まとめ

給料が少なくても、やりがいのある仕事なら、自分が成長する仕事なら続けられる。

→【実体験】お金よりもやりがいのある仕事がしたい!やりがいを得る方法とは?

給料が高い仕事よりも、やってて楽しい仕事。

その通りだと思います。

私もそっち派です。

どれだけ待遇が良くても、仕事が面白くないと、人生つまらないと思ってしまうタイプです。

ですが、給料が安い生活はつらい!

給料が高い方が生活は楽!

手元にお金が多く残る方が、生活は楽!

何をするにも心に余裕が出来る。

プライベートでの悩み事が少なくなる。

これは誰もが実感している事実。

ぜひ、あなたにあった打開策を見つけて、実行してみてください。

目次
閉じる