孤独の方が人は成長する!そのメリットと孤独になる方法とは?

孤独なぬいぐるみ

孤独って何か悲しいイメージの単語ですよね。

ですが、違います。

孤独は圧倒的に人を成長させてくれます。

結論、成長できる理由は

・自分で考える時間
・自分で自分のことを決める力
・他人と比較しない心

を全て持てるからです。

私も孤独な人間だと思いますが、それが辛いと思ったことはありません。

自分で自分の人生を決めてきた自負があるためです。

今回は私の経験も踏まえて、孤独についてご紹介いたします。

目次

孤独な人の特徴

集団行動していても、いつの間にか消えている

5,6人で歩いているとしたら、一人だけどこかに消えている。

そして、目的地に着くころにはちゃんと戻っている。

そんな人は孤独な人です。集団行動は嫌いですが、空気も読めます。

友達は少ない

友達が多いと、一人の時間を作ることが難しいので、友達は少ないです。

普段から一人でいることが多いため、友達が増えないだけですが。

ただ、本人は友達少ないことを悪いこととは一切思ってないです。

私もそう思います。友達は量ではなく深さです。

一人でできる遊びや趣味が好き

とにかく自己完結です。

誰かに相談したり邪魔されるのが嫌なので、自分できめられて、完結できる遊びや趣味が好きです。

読書やランニング、ゲームや写真、デザイン、など。

頑固でブレない

孤独な人は自分の世界を持っているので、頑固です。

一人で考えて思考を深めているので、これだと決めたら、ブレません。

人の意見を聞かない傾向もありますが、芯があるとも言えます。

孤独のメリット

考える時間を作れる

誰かといると、考える時間って作れないですよね。

急に話しかけられたり、相手の様子をうかがったり、話を合わしたり、色々と大変です。

孤独であれば、自分だけの世界を作れるので、考える時間もたくさんあります。

私は、考える時間は、人生においてとても大切だと思っています。

人に流されず、自分の人生を歩むためです。

何をするにも邪魔が入らない

孤独だと、自分一人しかいないので、何をしてもOKです。

邪魔は入りません。

たとえば、家族と一緒に住んでいるなら、

・疲れたからお風呂先に入る
・少しお酒を多めに飲む
・好きなアニメを何時間もずっと観る
・資格の勉強をする

家族の理解なくては、何一つ出来ません。

勝手に始めても、必ず声が掛かります。これはある意味大きな制限です。

孤独であれば、何も制限することがないため、何を始めるにも障害がありません。

→独身は仕事のボーナスタイム!経験すべき5つのことは?

自分のことに集中できる

人は社会的生物と言われます。

つねに他の人のことを気にして生きています。

職場でも家でも、趣味の集まりでも。

自分のことのみに集中するのって、意外に難しい。

孤独の人は自分のことにずっと集中できます。

自分の人生は他の人のものではありません。自分のために存在しています。

まずは自分について集中できる状態があるべきです。

この点の孤独のメリットは大きいでしょう。

人間関係に悩まされない

分かりやすいですね。

古今東西、人間関係に悩んでいる人ばかりです。

ただ、孤独であれば、わずらわしい人間関係は全て無視できます。

嫌いな人と無理やり付き合わなくても良い、嫌味を言ってくる人がいれば次から無視すればいい。

最強です。

他人は他人と割り切れる

とにかく人間は他人と自分を比較しがちです。

誰々は稼いで成功している、誰々が先に出世した、誰々はマイホームを買った、誰々は子どもがすでに3人もいる。

よく考えれば、「だから?」で終わる出来事です。

他人と比較したところで、上には上がいるので、永遠に不幸しかありません。

孤独なら自分の考えと世界をしっかり持っているので、他人は他人、自分は自分と割り切れます。

一人の時間を寂しいと感じなくなる

SNSを見ると、楽しそうに皆でキャンプしている写真が。

一方で自分は、家で一人っきり。

孤独じゃない人は、この状態を寂しいと感じるかもしれません。

ですが、孤独な人は、一人の時間が基本で日常です。

他人は他人と割り切ることもできるので、寂しいと感じることはありません。

一人の時間を楽しむ術も身に付けています。

寂しいと感じなくなるメリットは、非常に大きいです。

常に心が安定している状態を保てるからです。

友達がどこかで楽しそうにしていても、関係ありません。最強です。

孤独になる方法

大前提として、孤独な人も、ずーっと一人きりで生きているわけではありません。

時に集団行動したり、友達と遊んだりは普通にします。

一人の時間が多いというだけです。誰でも孤独になれます。

下記にて、孤独の時間を作る方法をご紹介します。

引き篭もる

引き篭もりは悪、みたいな言い方をメディアではされますが、たまになら良いと思います。

家に引き篭もってみてはいかがでしょうか。引き篭もれば全てをシャットアウトできます。

一人の時間を作って、自分について考えてみる。自分の体を労わるために、少し筋トレしてみる、など。

自分に対して、出来ることをやってあげるのは良い経験になります。

本を読み続ける

本を読む行為は、動画を観る行為と違って能動的です。

脳をフル回転させながら読みます。

すると、心が落ち着いてきて、リラックス。周りの声もシャットアウトできます。

その状態で、自分のことについて考えてみてください。

知識も得られつつ、孤独な時間も作れるので、オススメです。

一人で旅行する

個人的に、一人で旅行することを「旅」と言ったりしています。

激しくオススメです。

いつも友達や家族と旅行に行っている人は、一度チャレンジしてみてください。

一人で旅行すると、目的地やホテルの決定、予約、ルート決め、持っていくもの準備など、全て自分で考えて決めることになります。

これがすごく大事。自分で自分のことを全て決定する良い経験になります。

そして、旅行先では大体予想外のトラブルが起こります。

・電車やバスが遅れた
・天候が悪化した
・ランチのお店が混んでいた
・観光地が閉鎖されていた

などなど。

そんなときにどのように対処するか瞬時に考える。

これが人を成長させます。

特に一人で海外旅行に行けるようになれば、プロ孤独と言えるでしょう。

言葉も通じない中で、体当たりで行くので、苦労はしますが、孤独を感じつつ、自分で道を切り開いている感覚を得られます。

まとめ

孤独は人を成長させます。

・自分で考える時間
・自分で自分のことを決める力
・他人と比較しない心

を全て持てるからです。

もし、毎日あわただしく過ごしているなら、自分について考える時間を持てているか、確認してみてください。

あなたの人生はあなたのものです。誰のものでもありません。

この記事が、孤独について理解を深めるきっかけになり、自分の人生を切り開く助けとなれば嬉しいです。

目次
閉じる