職場から退職を引き留められても、無視していいの?

退職を引き留めている人

退職について職場に相談した際、引き留められることもあります。

結論は

無視しても大丈夫

です。


まず、職場から引き留められたのなら、あなたはその会社で活躍されている方なのでしょう。

必要とされているから引き留められるわけなので、優秀な方とお見受けします。

周りから頼りにされることも多いのではないでしょうか。

自分が辞めることで同僚に迷惑をかけたくない、そういう責任感が強い方ほど、辞めることに罪悪感が伴うと思います。

しかし、引き留められても、退職して全く問題ありません。

それは、

「辞めても、会社に大きな影響はないから」

です。

退職や転職で迷われている方の背中を押せれば嬉しいです。

目次

あなたが辞めても仕事は回る

仮にあなたが今すぐ退職しても、仕事は回ります。

なぜなら、

会社は組織だから

です。

もちろん、活躍されているあなたが抜けることで、一時的に業績が落ちる可能性もあります。

でも組織なら、兼務したり、新しい人を配置したり、外部から引っ張ってくることでカバーできます。

それが出来ない会社はダメな会社なので、見切りをつけたあなたは、やはり優秀です。

なお、あたたが辞めた後、元同僚から引継いだ仕事に関して質問あるかもしれません。それは丁寧に答えてあげれば良いと思います。

ただ、辞めた後の業績に関してまで、あなたが責任を負ったり、罪悪感を感じる必要は全くありません。

引き留めの種類とその対策

条件アップを提示されて迷う

引き留めの際に、給料アップなどの良い条件を提示されることもあります。

それによって迷うこともあるかもしれません。

そんなときは、


・辞めようと思った理由
・自分の中の優先順位

を考えてみると良いでしょう。

辞めようと思った理由が、仮に「職場の人間関係」ならば、給料が増えたところで悩みは解決されません。

また、「新たな環境での挑戦のため」であれば、同じ職場ではその機会は得難いでしょう。

一方で、念願だった「海外勤務」「部署異動」などが提示されたのであれば、留まっても良いかもしれません。

とにかく条件アップされて迷ったら、『辞めようと思った理由』と『自分の中の優先順位』を考えてみてください。

同僚に辞めないでと言われる

情に弱いと負けてしまいそうになりますが、振り切りましょう。

何故なら、あなたが辞めて1週間もすれば、みんな慣れるからです。

1週間後、何事もなかったかのように仕事していると思います。

別に同僚が薄情なわけではありません。

人間って慣れる生き物なので、いなくなった環境にすぐ適応するのです。それが現実です。

そして、辞めたからといって同僚との関係が切れるわけではありません。

逆に外部から見れるようになって、元同僚の転職の相談に乗ってあげやすくなる、なんてこともあります。

なので、同僚に辞めないでと懇願されても、振り切りましょう。

業務委託として引き続き仕事を依頼される

小規模の会社に勤めていて辞める場合など、業務委託という形で仕事を依頼される場合があります。

今までやっていた仕事を、正社員ではなくフリーランスで請け負うということですね。

ある意味、引き留めの一つの形です。

実際、私もこのオファーを受けたことがありましたが、断りました。

転職して新しい仕事を始めたいと思っていたので、今の仕事を引っ張るのは良くないと思ったからです。

ただ、同じくオファーを受けて請け負っている人もいました。

考え方にもよりますが、業務委託の方が効率よく稼げるので、必ずしも断る必要はないと考えています。

ただ、心機一転、新しい場所で頑張ろうと決めたのであれば、断った方がスッキリはするでしょう。

最終的にはあなたの心の声に従うべし

あなたが本当に望む行動は何ですか?

今の会社に残って本当に大丈夫ですか?

心の声に反した行動をとると、100%後悔します。

何故なら、自分を無理やり納得させて行動することになるからです。

何年経っても、「あのとき思った通りに行動していればどうなっていただろう」と考えます。

実際、私も心の声を無視して転職したことがありました。

→営業苦手な人間が半年でクビになった話。成果主義の営業は大変!

表面上は笑顔で働けるのですが、心の中は苦しかったです。

だから、たとえどんな結果になろうと、心の声に従うべきです。

引き留めを振り切れたら

職場からの引き留めを振り切って、晴れて新しい環境で働き始めることができた!

おめでとうございます。

新しい環境で順風な一歩を踏み出すために、ぜひ下記記事も読んでみてください。

新しい職場で自己紹介MTGしたら、人間関係が円滑になった!

仕事で成長するきっかけは、隣の部署に眠っている

仕事でアイデアが出ない時に試してみること

【最後に】

今の職場で、あなたが必要とされているのは間違いありません。

ただし、組織は人が入れ替わっても回ります。

そして、最も大切なのはあなたの心の声です。本当にあなたがどうしたいのか。

その心の声を無視した選択は後悔につながります。

強い引き留めがあったとしても、まずはあなたの心の声をしっかり聞いて、次の一歩を決めてみてください。

目次
閉じる