出世を諦めたら、自分の人生を生きられる!その理由とは?

出世を諦めてハッピー

・後輩に出世で抜かれた
・課長になれなかった
・出世レースから脱落した
・もう何を糧に生きていけば良いのか

会社で出世することを人生の目標にしてきたなら、非常につらい気持ちになりますよね。

ですが、全く気にする必要はありません。

出世を諦めることで、世界が広がります。

何故なら、

自分の人生を考えるきっかけになるから」


です。

今までは、出世という牢獄にとらわれて、そこからいかに抜け出すか、ということしか頭になかったと思います。

言い換えれば、オート操縦モードで、走り続ければよかったのです。

ですが、人生は想像以上に豊かで幅広いです。

→仕事から逃げたいときの対処法7選

考えればワクワクすること、つらくなることがたくさんあります。

私自身も、早々に会社での出世をあきらめた人間で、同期を羨ましく思ってた時期もありました。

でも、あきらめたことで、苦しいことも含め、たくさんの良い経験を積むことができました。

安心してください。

出世を諦めたあなたの人生は、より豊かになります。

目次

出世=昇進ではない

まず、大前提として「出世」と「昇進」が混同されがちです。

一般的に「会社での出世」を話すときは、「昇進」の意味で話されています。

平社員から係長へ、係長から課長へ、課長から部長へ、それぞれ昇進したときに

「出世した」

と言いますよね。

ですが、昇進と出世は違います。

・昇進は会社の中の話
・出世は人生を通しての話

です。

出世とは世の中に出ること

読んで字のごとく、世の中に出ること。

辞書によると、出世とは

「世間に出て、人に知られるよい地位・身分になること。」

とあります。

つまり、別に会社に限定されているわけではありません。

そして、人とは、この国に住む全員ではありません。

親や親戚、友達や知人から、「あなたは●●になってすごいね」と言われれば、それは出世になります。

たとえば、

「今までは会社の出世が全てだったけど、これからは子どもにも関心を向けたい」

と考えて、子育てに悩む親の集まりを企画し、そこの幹事になれば、

メンバーからは
「ありがとう。この集まりのおかげで助かった。○○さんのおかげだ」
と言われるでしょう。

人に知られる・助ける立場についた。これも出世の一つです。

別に世の中の人全員から認められる必要はありません。

あなたの周りの、ごく少数の人にでも認められる状態になれば、それは出世したと言えるでしょう。

出世して何がしたいのか?


会社で出世をしなくても、あなたの人生の幸福度は下がりません。

あなたが本当にやりたかったことは何ですか?

今の会社で昇進して、○○部長、取締役、となっていくとします。
それで?

会社で昇進することで何がしたかったんですか?

・周りからチヤホヤされたかった?
・部下を使って大きな仕事をしたかった?
・偉い人と会食したかった?


昇進は一つの手段です。

明確にやりたいことがあるなら、手段は昇進だけではないはずです。

自分で起業したっていいし、友達と一緒にNPO作ってもいいし、他の会社に転職してもいい。

あなたの後輩があなたより先に昇進したとします。

後輩が昇進したのは、今の会社の仕事に、後輩がたまたま合っていただけです。

別にそこに人生の優劣なんてありません。

会社の出世を諦めると、色んなことが見えるようになる

私も会社での出世を諦めました。

周りに自分よりも圧倒的に成果を出す人間が、ウヨウヨいたからです。

その仕事自体も、あまり好きなものではなかったので、早々に出世を諦めました。

すると、一気に思考が加速しました。

  • 人生の中で、「今」やっておくべきことは?
  • 会社以外で稼ぐ手段は?
  • 出世する他の方法は?
  • 将来どういう状態になっていれば幸せか?


そう考えて、私は海外に留学することにしました。

若いうちにやっておかなければ、後悔すると考えたからです。

海外に行くことで、人生の幅広がり非常に良い経験になりました。

もし、会社での出世にこだわっていたら、決して考え付かなかったし、行動もできなかったでしょう。

また、帰国後も、会社での出世を一切考えていなかったので、

・「経営層に近いところで働ける」
・「今までと違うスキルが身に付く」

という観点で仕事を選べました。

その会社で偉くなってやろう、みたいなことが無かったので、会社の規模や給料なども気にせず選ぶことができたのです。

会社での出世を諦めた一つのメリットだと思っています。

自分が本当にやりたいことは何か?

私が考える人生の基本はこれです。

会社での出世という分かりやすい目標が掲げられていたので、盲目になっていた可能性もあります。

これからは、
「あなたの人生においての出世」
を考えてみてください。

・今までの経験を生かして、何かを始めるもよし
・今までと全く違う会社で仕事するもよし
・今まで関わってこなかった人たちと話すもよし
・家族との時間を増やすもよし


出世を諦めることで、本当にいろんな可能性が見えてきます。

ちなみに私は、会社での出世をあきらめましたが、

・起業してスーパー経営者となって皆を見返してやろう

と思っています。

これから変わる可能性もありますが、新しく見えてきた人生です。


出世を諦めたことはマイナスではありません。

新たに人生を考える良いきっかけになります。

今までとは違う道で豊かな人生を送れるよう、応援しています。

目次
閉じる