仕事から逃げたいときの対処法7選

逃げる

・残業ばかりでもう疲れた
・毎日毎日怒られる
・今の仕事は自分に合っていない


おっけぃ、そういうこともあるでしょう。

どうする?

まずは深呼吸してください。

対処法は7つあります。

この7つ以外でできる対処とすれば、

  • 「もっと仕事を頑張る」
  • 「副業を頑張る」
  • 「専業主婦(夫)になる」
  • 「ニートになる」

しかありません。

しかし、それらは最終手段です。


今あなたは心が追い詰められていて、視野が狭くなっています。


一つ一つの対処法を考えて、自分ができる方法を取ってみてください。


絶対に状況は良くなります。

目次

7つの対処法

①休みを取る


疲れたら、休む。
これが生物の鉄則です。
休むことで、自分を客観的に見ることができます。

詳しくは→『仕事に疲れたら、「極端に休む」のが最適な理由とは?』

②先輩相談

周りに信頼できる先輩はいますか?

もしいれば、その人にすぐに相談してみてください。

あなたが何に対してつらいのか、逃げたいのか、

話すだけでもすごく楽になります。

先輩が見ている景色から、

客観的な意見でアドバイスももらえるでしょう。

③上司相談

もし逃げたい原因が上司でないなら、上司に相談するのも有効です。
なぜなら上司は「権限を持っているから」です。

あなたの仕事を変える権限です。

思いやるのある人なら、必ず何かしら動いてくれるでしょう。

言いにくいかもしれませんが、ストレートに相談してみてください。

私もつらくて、ストレートに相談して、少し役割を変えてもらったことがあります。

④人事部相談

ある程度の規模の会社なら、人事部があると思います。

体制にもよりますが、相談できるならした方が良いです。

人事部は仕事上、どこの部署とも繋がっています。

基本的に各部署の長と人事部がやり取りして、人事を決めることが多いです。

人事部も離職率が高まると困ります

もしあなたが、今の環境に耐えられないと判断すれば、

各部署の長に掛け合って、対処してくれるでしょう。


ちなみに私がいた金融機関では、誰にもバレずに、

人事部や弁護士に相談できるボタンがPC画面上にありました。

逆にどれだけ相談件数が多いんだと心配になりましたが。。

⑤部署異動

同じ部署内で仕事内容を変えてもらうのが難しいと思うなら、部署異動が良いです。

他にやりたい仕事が社内であるならなおさらです。

ただ、部署移動はなかなか難しい。
受け入れ側の対応も必要だからです。

社内公募があるなら、応募。ないなら上司または人事部に相談です。


なお、私は色々な仕事を経験するのに大賛成です。

変化が早い時代なので、今のスキルが使えなくなっても別のスキルで生き残れるようにしておくべきです。

⑥転勤

あの人と同じ空気を吸いたくない。

パワハラ上司や、社内恋愛で失敗したときなどは特にありますね。
しかし、転勤は大変です。
転勤は転居を伴うことが通常ですので、人事部としても、「転勤が原因で退職されないかな」と心配しながら、決めなければなりません。
ですが、チャンスはあります。

なぜなら、転勤希望者よりも希望しない人の方が多いからです。

実際に私は人手が少なくなった支店に、すぐに転勤で赴任できました。

会社としては転勤を希望してくれる人は貴重なのです。


第一歩としては、

転勤したい旨を、しっかりと上司や人事部に伝えておくことです。

そうすれば、「こいつは転勤大丈夫なんだな」と認識してもらえて、環境を変えれる可能性は高まるでしょう。

⑦転職

もうこの会社で働くこと自体が無理!という場合は、速攻で転職です。

徹底的に仕事を拒否してしまっている状態ですよね。

ここでグダグダ悩んでも時間の無駄です。


年を取ればとるほど、転職市場では見る目が厳しくなるからです。

転職自体は1~2か月が勝負です。決めたら一気に動きましょう。

ちなみにこの時期に周りの人達に相談すると、止められる可能性が高いです。

となりの芝生は青い、とか言われるかもしれません。

でも、あなたから見れば、今の会社の芝生は腐っています

それ以上育てられないのであれば、となりの芝生の色が分からなくても移るべきです。


ちなみに私は、dodaなどのに大手転職エージェントに登録して、転職しました。

自分の強み弱みと転職市場をしっかり比較してくれたからです。登録しておいて損はないでしょう。

番外編

冒頭に書いた7つ以外の選択肢について書きます。

「もっと仕事を頑張る」

理想はこれです。
目の前の仕事をもっと頑張って成果が出せたら素敵です。
でも、これが出来たら苦労しないですよね。
今は逃げましょう。

「副業を頑張る」

本業が嫌だから、稼げないから、副業を頑張る。
私も大賛成です。でも、副業は言うほど簡単じゃないです。

「専業主婦(夫)になる」

結婚してるなら、養ってもらえます。
その代わり、家のタスクの責任者に就任です。
自分の性格上、それが向いていると思えるなら、良いのではないでしょうか。

私は絶対に嫌ですが。

「ニートになる」

いざ、楽園生活へ。別にニートは悪くないです。

誰にも迷惑かけないのであれば特に。

誰かに生活費を出してもらう、面倒をみてもらうなら、ダメだと思いますけどね。

私は「瞬間ニート」になるのはOKだと思います。

転職までの間の1~3ヶ月くらいです。

仕事から逃げたいと苦しんでいた分、時間いっぱい楽しむのも良いでしょう。

でも、ずっとニートはダメですね。

せっかく持っている、あなたの才能や輝きを使わないのはもったいないです。

最後に

逃げたいと思ったときの対処法を書きました。

でも、一つ覚えておいてほしいのは、

逃げて逃げて逃げて逃げて逃げても、

最後は戦うしかないということです。


相談、異動、転勤、転職、行動を起こした後、

最後は必ず勝負が待っています。

自分がどれだけ仕事に向き合えるかという勝負です。

私もこのパターンでした。

勝負すれば、勝ち負けに関係なく、

熱狂的に仕事を楽しめる瞬間がやってきます。

絶対に。


だから、今の環境がすべてと思わず、ぜひ安心して行動してみてください。

必ず笑顔で前向きに働けるときが来ます。

目次
閉じる