証券会社営業マンのつらさを語ってみた。

証券営業

証券営業はつらい。大変。

そんなイメージを持たれている方もいるでしょう。

現在証券会社に勤めている方に、

そうそう、と共感してもらいたい。

証券会社に少しでも興味がある方に、少しだが実態を知ってほしい。

そう思って今回は記事を書きました。

なお、証券営業は、少なくとも私にとってはつらかったです。

私の個人的意見がたくさんなので、業界全体がこういう風ではないです。

そのあたりは一つの参考意見として、大きな心で見てくださいね。

目次

証券営業マンの1日

証券営業マンは朝が超早いです。

新人と営業管理職は特に早い。

新人の頃は朝6時台に出社していました。

プライベート・雑務を含めて当時の1日の流れを書いてみます。

———————————————
5:30  起床、朝ごはん準備
5:45  モーニングサテライト観る。


※モーニングサテライトは最新の金融情報を教えてくれる、経済ニュース番組です。海外の景気動向も伝えてくれるので、証券マンの強い味方です。

5:50 日経新聞読みながら、朝ごはん食べる。
6:20 準備
6:40 家を出る。
6:45 会社到着(自転車で5分の距離)


~出社~

6:50 全てのプリンターの用紙を補充

※当時フロアには、プリンターが6台ほどあり、用紙補充をしていました。

7:00 同じチームの人の机を全て拭く

※自分で拭けよ。と思っていましたが、これも新人の仕事でした。

7:10 世界の為替情報を調べてノートに記入

7:20 1日のタスク確認

7:30 営業MTG!!

ここで連絡事項と1日の目標を確認。

数字が行っていない時はボコボコにされます。

8:00 ラジオ体操!! 

※昭和の匂いを感じますよね。新人は持ち回りで、前に立って体操しないといけません。

8:10 全体朝礼

※全体朝礼では、支店長がひとこと話し、たまに個人営業からの発表もあります。

8:45 全体朝礼終了

8:45 お客さんに電話開始

9:00 寄り付きーーーーー!!の叫び

※寄り付きとは、9:00に株式市場が開き、株価が表示されることです。若手社員が寄り付きーーと言って「さぁ、今日も始まったぞ」という雰囲気を演出していました。

11:30 昼食へ

12:15 外出

13:00 顧客訪問

市況を話し、投資信託を勧める。

15:00 顧客訪問

状況報告。

保有している債券を売却し、株式購入。

17:00 帰社

17:10 電話

19:30 営業MTG!

ここで1日の数字を確認します。

数字が取れてなければ、課長から詰められます。

20:00 雑務整理、翌日の準備

21:00 退社

21:15 先輩と飲み

23:00 帰宅。即風呂。

23:30 就寝

————————————————–

こんな感じです。

他にも、1日中外回りをしている日もあります。

そういう日は9:15頃から、外出して、17:30頃に帰社していました。

飲み会も2次会までいけば24時は越えます。

仕事は厳しいですが、夜の飲み会が楽しく、そこでストレスを発散させるような生活でした。

なお、転勤を経験して気づいたのですが、

1日の過ごし方は支店長や課長によって、大きく異なります。

同じ支店内でも所属する課によって、違います。

ある支店では朝8時前の出社が禁止されていて、残業もありませんでした。

運もありますね。

つらかったこと

数字が全て

営業職なので、数字を出してナンボという世界です。

当たり前ですよね。

しかし、私はそれが合いませんでした。

数字が出ていない日は、働いていないと同義だからです。

・無形商材を売る

証券会社の営業が扱う商品は、株や投資信託、債券など、形がない商材です。

この形の無いものを売るのが大変。

お客さんにどうやって具体的なイメージをもってもらうかが勝負でした。

たとえば、スマホを売るなら、実際に店頭で触ってもらって、

「デートでロマンチックな場所に行って写真を撮る時って、夜が多いじゃないですか。このカメラは○○画素なので、明かりが少ない夜でもキレイに取れます。」

そう言って実演すれば、お客さんも納得しやすいでしょう。

無形商材の場合はそれができません。

なので、お客さんの頭の中にイメージを持ってもらうこと、それに苦労しました。

結局私は全然売れませんでした。

上司たちの怒号

営業数字が伸びないと上司から怒られます。

その怒り方が、なかなかファンキーで、怒鳴り散らす感じです。

何やってんだお前!!

遊んでんのか!!

みたいなことは、ほぼ毎日言われていました。

慣れますけどね。

良かったこと

同期に恵まれた

最も素晴らしいことだと思っています。

本当に良い人達に恵まれた。

私を含め、半分近くの人は転職していますが、 今でも仲良く会ったりしています。

先輩に恵まれた

証券会社に入社する人は、いわゆる体育会系の人が多いです。

それは間違いありません。

分かりやすくオラオラする人もいます。

でも、誰もが自分の足で立っている、自分の軸を持っている人でした。

そんな先輩方と一緒に働いて、遊べたのは、人生経験として大きく成長させてもらえたなと感じています。

給料が良かった

金融業界全般に言えることですが、待遇が良いです。

証券会社は特に。

別記事でも書きましたが、毎月お金に余裕があります。

普通人のシゴトと転職
年収ダウンの転職でも幸せか?【650万円→360万円】になった実話 | 普通人のシゴトと転職
年収ダウンの転職でも幸せか?【650万円→360万円】になった実話 | 普通人のシゴトと転職・年収ダウンしても転職すべきか・生活の質が下がると具体的にどうなるのか・年収ダウンしても幸せになれるのか やりたい仕事を取るか、生活の質を取るか、何が正解なのか...

生活に困ることはないでしょう。

転職は2パターン

営業ならFAとして

証券会社の営業職は、基本的に新卒一括採用して、社内で育成された人達だけです。

転職でなれることは少ないでしょう。

一方でFA(フィナンシャルアドバイザー)という 出来高制の契約社員制度があります。

これによって、営業職に就くことは可能です。

プロ野球選手のイメージに近いかもしれません。

企業と契約して、その企業の商品を売り、そのうちの数%を手数料として受け取る。

ただし、ノルマがあり、それをクリアできなければ、契約更新されずクビとなります。

数字を出したら、出した分だけ儲かるので、本気で稼ぎたい人には合っています。

営業以外なら、金融やシステム畑から

営業職以外なら、アナリストや情報システムなど多様な職種があります。

一般的には、金融業界出身かシステム構築経験がある人が、転職して入社することが多いでしょう。

証券会社のこれからについて

ここからは私の予想です。

コロナショックを経て、今、明らかにオンライン社会が到来しています。

全てネットで完結し、ネットで出来ないことをオフラインで行う、

という社会です。

結論から言うと、証券営業マンは必要なくなります。

銀行や保険も含めて、金融業界の営業マンが必要なくなるでしょう。

・株を買いたいと思ったら?

ネット証券に口座を開設して、ネットで注文すればいい

・世界の経済イベントの結果を知りたかったら?

ネットで検索すればいい

・今日のポンド/円の為替相場を知りたかったら?

アプリで見ればいい

金融商品を購入したり、情報を知るために証券営業マンは必要ありません。

こういう話は10年以上前から言われていました。

ネット証券やネット保険が出始めた頃です。

でも、なかなか変化が進まなかった。

それが、コロナショックによって一気に加速されると、私は思っています。

証券会社の役割は、金融市場と人をつなぐことです。

その役割にシステムは必要ですが、営業マンは必要でしょうか。


もちろん大外れの可能性もあるので、ご了承ください。

まとめ:証券営業することはお勧めしない。

将来を見据えて、世の中に必要とされる職業に就くべきです。

目次
閉じる