マイホームが人生を狂わせる。

マイホーム

私は賃貸派です。結婚して子どももいますが、ずっと賃貸です。

マイホームの良さが全く分かりません。

奥さんからマイホームについて、たまーに相談されますが、一蹴しています。

マイホームが人生を狂わせる
と考えているからです。

恐怖&狂気でしかない。

いつか、自分の家を買うことが夢なんだ。

心の中にに持っている人もいると思います。

やめておきましょう。


マイホームは

  • 資金管理に影響を与えます。
  • 精神にも影響を与えます。
  • 仕事にも影響を与えます。
  • 人生の選択肢にも影響を与えます。

それほど大きなことです。
今回はマイホームの負の側面について書いていきます。


結論は
「マイホームは金持ちの道楽でいい」
です。

目次

最大のデメリットは「固定されること」

マイホームを手に入れることによって、固定されるものがいくつかあります。

①お金

マイホームは高額な買い物です。

関東郊外で1戸建てでも数千万円はします。

仮に年収400万円の方が4000万円のマイホームを購入したとすると、収入の10倍です。

25年ローンを組んだら、25年間お金を返す必要が出てきます。

つまり、25年間、返済(出費)という形であなたのお金が固定されるのです。

そのお金があれば出来たこと、取れた選択肢、買えた物、たくさん出てくるでしょう。

そのたびにあなたは

「家のローンがあるから」

と自分に言い訳しなければなりません。

②住む場所

マイホームは自宅です。

でも、

  • 隣に嫌な人が引っ越してきたら?
  • 転勤になったら?
  • 親が介護必要になったら?
  • 子どもが学校でいじめられたら?
  • 配偶者が病気になったら?
  • 移住したいと思ったら?

人生は長いので予期せぬ出来事が起こります。

その際に、住む場所が固定されていることは大きなリスクです。

流動性が低い状態は出来る限り避けることが、リスク回避の基本です。

「売るか貸せば良いでしょ?」

簡単に売れたり、貸せたりできる自信があるなら大丈夫です。

でも、この世界有数の人口減少社会、空き家が毎年増加している日本で、一般の人がうまくやるのは難しいのではないでしょうか。

③仕事

今の仕事がずっと続けられるとは限りません。

長い人生、転勤もあれば転職もあるでしょう。

その場合に「自宅から通える場所」という制限が出てきます。

これは大きな制限だと私は考えます。

九州で面白そうな仕事が出来そうだ、となっても

「単身赴任は子どもが大きくなるまで難しい」
「家族で引っ越したいが、家のことがあるし厳しい」
「あきらめるか」

となりかねません。

仕事の選択において、マイホームがあることは不利に働くと考えてください。

④子どもの生育環境

子どもは成長するに従い、遊び方も習い事も交友関係も変わっていきます。

子どもが大きくなったときのことを考えて、子ども部屋がある家にしよう。

そうやって計画立てている方もいるでしょう。

でも、考えるべきはそれだけではありません。

・その街の保育園に入れなくなったら?
・病気になって他府県の専門病院に行くことになったら?
・遠い私立の学校に通いたいとなったら?
・家の大きさが足りなくなったら?

色んな問題が出てくるでしょう。

その時に、引っ越せる、という選択肢があった方が子どもの生育環境について、常に最善を保てるのではないでしょうか。

ライフスタイルの変化に対応できない

結婚して子どもが出来ればライフスタイルは大きく変わります。

  • 子供が大きくなったらどうする?部屋は?
  • 子どもが学校でいじめられたらどうする?
  • 子どもがもう一人増えたらどうする?
  • 今の仕事が鬱で続けられなくなったらどうする?
  • 隣に騒音おばさんが引っ越してきたらどうする?
  • 便利な商店がつぶれたらどうする?
  • 地震発生可能性ある地区に指定されたらどうする?
  • 転勤になったらどうする?
  • 引っ越ししたくなったらどうする?

ライフスタイルの変化は必ずあります。

良い変化もありますが、余儀なくされるものもあります。

マイホームがあることで、選択肢が減ることは大きなリスクとなるでしょう。

毎年価値が下がる

4000万円で家を買った。

25年のローンを組んだけど、何かあったら売って返せばいいから大丈夫だろう。

本当にそうでしょうか?

高温多湿の日本

地球温暖化と叫ばれる前から、日本の夏は暑かったですよね。

毎年毎年、セミがうるさく、湿度もアホみたいに高くてじめじめします。

そんな日本の環境に建っている家も、もちろんこの高温多湿の影響を受けて、傷みやすくなっています。

つまり、年数が経てば立つほど実際に家が傷み、価値が下がっていきます。

車と同じですね。

新築文化の日本、中古住宅のイギリス

日本では築30年などでかなり古い印象ですが、ヨーロッパなどでは築100年以上の物件も数多くあります。

これは気候が異なるのと、古いものには歴史的価値が乗る、という考えがあるからです。

実際、イギリスでは「家は長く住むもの」という文化があり、中古住宅も多いです。

築50年以上の物件も普通に人気があります。

逆に日本は築年数が浅い方が良い物件、という新築文化があるため、中古物件は新築よりも価値が下がります。

つまり、マイホームを建てて10年、20年住んだ後売却しようとしても、著しく価値が下がったものとして判断されてしまうのです。


もちろん、中には立地が抜群で買った時より高く売れる物件もあります。

でも、それは都心の一部の物件です。

人口が減っている現状では、なかなか難しいでしょう。

柔軟な対応ができることが最重要

私の考えでは、柔軟な対応が最重要です。

マイホームを購入したことで選択肢が大きく制限されることは、人生において損だと思っています。

なので、マイホーム購入したい人は、いまいちど立ち止まってリスクを考えてみてください。

年老いても賃貸に住めばいい

年とったら賃貸に住めなくなるのでは?

住めます。でなければ、日本の1/3の人口を占める65歳以上の方は、全員マイホームに住んでいるのでしょうか?

そんなことないですよね。

さらに今後ますます人口が減って不動産の需要が減るので、貸したい人は老人相手でも貸さざるを得なくなります。

安心してください。マイホームが無くても生きていけます。

マイホームは金持ちの道楽で良い

最後に、マイホームは自分の好き勝手に設計・装飾できるので、趣味に近いとも思っています。

大金がかかる趣味です。

今あなたがすべきことは、大金をかけて趣味を楽しむことでしょうか?

仕事に全力投球、子どもの教育にお金をかける、家族の旅行に費やす、などやるべきことはたくさんあると思います。

マイホームは金持ちの道楽です。

今購入することはオススメしません。

お金持ちになってから買いましょう。

目次
閉じる