仕事でアイデアが出ない時に試してみること

アイデア

アイデアってなかなか出ない時ありますよね。

結論として、アイデアをひねり出すには、

「限界まで考える→すべて忘れる→2,3日放置→リラックス→閃く!」


という一定のステップを試すことです。

目次

ステップ1 限界まで考える

制約条件を出す

人は制限がある方が力を発揮します。

・予算無限大
・リソース無限大
・時間無制限

みたいな何でもアリの状態で考えても、現実的なアイデアは出ません。

それよりも、

・予算100万円
・関われる人数、社員2名
・過去にやったことのない施策
・季節を考慮
・3ヶ月以内に成果を出す

みたいなことの方が、アイデアは出しやすいです。

まずは、アイデアを出すための条件を書き出してみましょう。

散らかす

条件が整ったら、散らかします。

とにかく条件に合うアイデアをどんどん出します。

笑えるようなものでも、しょうもないものでも良いです。

この時のポイントはアイデアを否定しないこと。

たとえ、条件から少し外れていても、あとから取捨選択すればよいので、とにかくアイデアを出しましょう。

複数人で出す場合は、とくに否定してはいけません。

否定されると、その人は委縮してしまい、それ以上アイデアが出てこなくなります。

そして、出たアイデアはポストイットに書くことをオススメします。

この後、グループ分けしやすいからです。

☆組み合わせ法☆

新しいアイデアは基本的に既存アイデアの組み合わせです。

iphoneも全く新しい技術によるものではなく、既存アイデアの組み合わせです。

全くの無から有を生み出す必要はありません。

つまり、理論的には誰でも出せます。

組み合わせのやり方は何でも良いですが、

たとえば単語カードに単語を書いて、それを神経衰弱のように机にバラまき、組み合わせるなどです。

他にもたとえば、ソフトバンク孫会長。

発明アイデアを出すために、PCで単語を組み合わせるプログラムを組み、大学生時代に毎日5分、この組み合わせ法を使ってアイデア出しを行っていたそうです。

グループ分けする

出た数十数百のアイデアをグループ分けしていきましょう。

ここが難しい。

どういうカテゴリでグループ分けするか。

別に正解はないので、思いついた限り分けていきましょう。

すると、ある程度良さげなアイデアの方向性が見えてきます。

考える

グループ分けして、方向性が見えたら、これだ!というものが見えるまで考えます。

考えます。

とにかく考えます。

とにかくとにかく考えます。

もぉーーーー、無理!!というところまで考えます。

嫌になるくらいまで、あきらめたくなるくらいまで考えます。

ステップ2 すべて忘れて放置

限界まで考えきったら、考えるのをやめましょう。

頭の片隅にも残さないようにしてください。

もういいや!!!!

そのくらいの気持ちで、一切考えるのをやめ、全てを忘れましょう。

ステップ3 寝かす

アイデアのことについて全て忘れたら、そのまま数日過ごしてください。

特に、一生懸命考えた日はぐっすり寝るのが良いです。

寝ている間に脳が勝手に整理してくれます。

実際、世界的な有名人である、アインシュタインやエジソンも、アイデアを出すためによく寝ていたそうです。

ステップ4 リラックス

アイデアを忘れて、寝かせている間はリラックスしましょう。

おすすめリラックス方法

  • お風呂
  • トイレ
  • 運動
  • 友達と遊ぶ
  • いつもと違うものを買う
  • いつもと違う道を歩く
  • 好きな漫画を読む

自分の日常を送ればよいです。

そして、リラックスできる方法なら何でもよいです。

そのうえで、いつもと少し違うことをして、脳に刺激を与えてみましょう。

ステップ5 閃いたらメモ

私の場合、特にひらめきやすいのはお風呂ですね。

湯船につかっているときにアイデアが思い浮かび、お風呂から出たらすぐにスマホにメモします。

浮かぶアイデアも1つではなく、2つ、3つ浮かぶことも多いです。

ただ、浮かんだアイデアはすぐに消えてしまうので、忘れる前にしっかりメモです。

よく色んなアイデアが浮かぶ人は、トイレや寝室、自室など、いたるところにペンとメモを置いているそうですよ。

アイデア出しの参考になる本

今回の記事は

・「アイデアのつくり方」(byジェームス・w・ヤング)

という名著を参考にしています。

1988年に発行された本ですが、このノウハウは現代でも通用します。

1000円未満で買えて、薄くてすぐ読める本なので、ぜひ手に取ってみてください。

アイデアは実行してナンボ

ここまでアイデアの出し方を紹介してきました。

しかし、アイデアだけでは何も変わりません。

実行してこそ仕事です。

アイデアを思い付いた人が100人いたら、そのうち実行するのは1人と言われることもあります。

それだけ、思いついたことを無駄にしている人が多いのです。

もちろん、実行するのが大変なんですが。

アイデアを実行するには周りを巻き込んでいくことが重要です。

思いついたことを、どんどん口に出したり、文章にしたりして発信していきましょう。

目次
閉じる