同期との差に焦る!?人生の差は錯覚です。

ものさし

・同期入社のあいつはもう課長
・同期が結婚して子どももいる
・同級生は自分の倍稼いでいるらしい

自分と同じ土俵に立っていたやつが、はるか先に。

「自分はいったい何をしているだ・・・。」

焦りますよね。

身近な人間が自分よりも活躍していると嫉妬も生まれます。

結論は、

「焦る必要は全くない。『差』なんて錯覚だ」

です。

私も新入社員時代の同期がいます。

私は3回転職していますが、未だに繋がりはあります。

中には、起業してめちゃくちゃ活躍しているやつもいます。

それを知って、一時期は焦っていました。

俺は何をしているんだ、と。

でも、「人生の主役は自分」と考えることで、焦りは徐々に無くなっていきました。

今回は私の体験談と、焦る必要のない根拠を紹介したいと思います。

目次

同期と比較して苦しんだタイミング

私が同期と自分を比較して、苦しんだタイミングをご紹介します。

海外で遊んでいたとき

新卒で入社した会社を辞めて、海外に遊びに行きました。

ワーキングホリデービザだったので、アルバイトすることも出来たのですが、期間の半分は仕事していません。

仕事もせず、毎日友達とフラフラ。

昼間から公園でBBQしたり、アニメ観たり。

日本で仕事していた時がつらかったため、反動だったと思います。

しかし、しばらく遊んでいると、ふいに不安が。

「元同期は俺が遊んでいる間も、仕事して成長しているのか。」

差をつけられているような感覚に襲われ、悩む。

「日本に帰って真っ当な仕事しなくちゃ」

そう思って、帰国することにしました。

結局、同期との差に焦ったことが、帰国の原因になったのです。


なお、ワーキングホリデーの経験は、転職活動ではほぼ活かせないので、計画されている方は注意してください。

→【実体験】ワーキングホリデーは転職の強みになる?

同期の結婚式に出席したとき

東京のベンチャー企業で働いていたとき、仕事量はめちゃくちゃありました。

しかし、給料は安い。残業代もボーナスもない。

そんなときに、元同期の結婚式に参加しました。

そこには、元同期が十数名いて、久しぶりに会話をします。

しかし、明らかに自分とは身に付けているものが違う。

高級スーツに高級腕時計。

パリッとした革のバックに、自信ギラギラの目つき。

一方、自分は新卒時代よりも給料が下がっているため、昔とほとんど変わらない出で立ち。

いつのまにか、自分とは違う世界にいると感じました。

ショック。

「このままずっと差をつけられていいのか?」

結婚式を終えて、自宅に帰った後、焦りがどんどんこみ上げてきました。

悔しさと焦りが混じった、つらい気持ちになりました。

なお、大企業とベンチャーの違いは、下記記事にまとめていますので、ぜひ読んでみてください。

→大企業からベンチャーへ転職した私。その理由と感想(良い面、悪い面あり)

自分の人生を自分で動かしているか

同期との差に苦しんだ私ですが、年を重ねるうちに、気づいたことがあります。

「人間全員、生まれも育ちも違うのだから、人生は比較するようなものじゃない

「大切なのは、自分の人生を自分で動かしているか

私は、これに強い自信を持っています。

私は新卒で大手金融機関に入り、働いていましたが、そこまでは人や社会が決めたレールで生きていました。

  1. 勉強して学校で良い点数取って
  2. 大学に入って
  3. 大手企業に就職して働く

それが社会が良しとするもの。

何も疑わず、ただそれが正しいと思って、そのレールに乗れるように行動してきました。

しかし、大企業を辞めて海外に行ったことで、気づきました。

人や社会が引いたレールに乗った人生は、全く面白くない。

人それぞれの生き方がある、とは、自分で自分の人生を決められるということ。

そこから、自分の思いを100%反映させて、転職や移住を繰り返しました。

・自分で住む場所を決めた
・自分で仕事を決めた

これにより、自分で自分の人生を決めてきた自負があります。

だから、同期がどういう人生を歩んでいようと、気にならなくなりました。

差があるのではなく、ベクトルが違うだけです。

もしあなたが、自分で人生を動かしている実感があるなら、大丈夫です。

人生は本当に人それぞれで、誰1人として、他人と同じ人生を歩むことはありません。

同期と比較しても、違う人生なので、無駄です。

あなたに必要なのは、自分で自分の人生を切り拓けているか。

自分で決めたという自負があるか。

それさえあれば、自分の人生に集中できるようになるでしょう。

それでも焦るなら

「自分で人生を動かしてきた実感?そんなものないよ」

「結局、同期が稼いでいたり、結婚したりすると焦る」

分かりました。

ならば、

・同期に直接話を聞きましょう

華やかに活躍しているように見える同期も、実は悩んでいることも多いです。

稼いでいても、仕事のストレスが溜まり過ぎて、うつになりかけている。

結婚しても喧嘩が絶えず、後悔している。

外からでは分からない苦悩を、抱えています。

差があるように見えるのは、錯覚です。

人生はバラバラで、ベクトルが違うのでそもそも比較なんてできません。

別に同期との差を気にするのではなく、同期と協力できるような関係になれたら良いですね。

この記事を読んで、

・自分で人生を決めている自信を持ってもらえたら
・同期との差は存在しないことを認識してもらえたら

嬉しいです。

目次
閉じる